&ARTからのお知らせ

2011.10.17

特集記事"21世紀京都の名盤 vol.1 [後半] 境界線上の音楽、または境界を融和させる音楽"をアップしました


特集記事 "21世紀京都の名盤 vol.1 [後半] 境界線上の音楽、または境界を融和させる音楽"を公開しました。


"21世紀京都の名盤"は2001年以降にリリースされた「お薦めしたい」「名盤だと思う」音源を、アーティストや音楽関係者とピックアップし、情報をアーカイブ化していく連続企画です。音源をアーカイブ化するだけでなく、ピックアップした音源について推薦者による対談を行い、推薦理由や、その音源の時代背景について語り、記事として掲載していきます。
第一回の後半編となる今回の推薦者/対談者は、前半と同じく糸魚健一さん、見増勇介さん、原摩利彦さん。撮影は井上嘉和さんです。ぜひご覧ください。