特集コンテンツ

 特集  21世紀京都の名盤  Vol.1

21世紀京都の名盤 vol.1 21st CENTURY MUSIC in KYOTO
[前半] 京都は本当にエレクトロニック・ミュージック特区なのか 対談:糸魚健一 × 見増勇介 × 原摩利彦 × &ART編集部 photo by Yoshikazu Inoue 対談場所:CLUB METRO(クラブメトロ)

"21世紀京都の名盤"は2001年以降にリリースされた「お薦めしたい」「名盤だと思う」音源を、アーティストや音楽関係者とピックアップし、情報をアーカイブ化していく連続企画だ。企画の狙いは"現在リアルタイムに活動しているアーティストが作り出した優れた作品"を、商業的な観点とは関係ない、純粋な作品性で評価する機会を作ることにある。

また、音源をアーカイブ化するだけでなく、ピックアップした音源について推薦者による対談を行い、推薦理由やその音源の時代背景について語り、記事として掲載していく(今後メンバーを変えて継続予定)。

京都では60年代にはフォークミュージックが、90年代には"京都系"と呼ばれたアーティストたちが注目を集めるなど、多彩な音楽が生まれてきたが、21世紀以降はエレクトロニカなど、いわゆるコンピューターを制作の中心とした音楽が重要な位置づけにある。第1回は、自身も京都を拠点に活動するアーティストであり、エレクトロニカやエクスペリメンタルなサウンドワークを手掛けるアーティストとも関わりが深い3人に声を掛けた。

GUEST PROFILE

糸魚健一(電子音楽家、shrine.jp主宰、クラブメトロ元店長)
PsysEx名義でのdaisyworld discs、涼音堂茶舖などからリリースや、積極的なライブ活動を経て、国内外で高い評価を得ている電子音楽家。関西を代表するエレクトロニック・ミュージックイベント“pod( patchware on demand、post or dry?、page of documents )”を主催。エクスペリメンタルエレクトロニカレーベル、shrine.jpを主宰。さらに約5年間クラブメトロの店長を務めるなど、常に京都のクラブカルチャーを支え、京都在住の若き実験的なアーティストの窓口となってきた。

糸魚健一

見増勇介(デザイナー)
京都在住のデザイナー。美術館をはじめとしたさまざまな文化施設の展覧会デザインや、アート・プログラムへの参加、映像・音響パフォーマンス、出版などを行う。これまでに藤本由紀夫、softpadなど関西を代表するアーティストのアートワークに関わってきた。2004年にグループ intext(尾崎祐介、外山央、見増勇介)を結成。特定の分野に捉われないマルチな活動を続けている。

見増勇介

原摩利彦(音楽家)
京都在住。静寂の中の強さをテーマに音作品に取りかかる。Tomas Phillips(LINE, NVO)との共作『Prosa』をリリース。舞台作品の音楽も担当し、舞踊家ボヴェ太郎の作品の音楽を作曲。高谷史郎演出『明るい部屋 -La Chambre Claire』(びわ湖ホール公演)に音響として参加。また柳本奈都子とユニット「rimacona」を組み、2004年より活動。
ドイツMille Plateaux『Clicks & Cuts 5.0』に参加し、初のオリジナルフルアルバムとなる『黄昏とピアノ』(Parade)を発表。ソロ最新作は『Credo』(Home Normal)。

原摩利彦

  • 対談記事を見る
  • アーカイブのみを見る
  • 竹村延和/旅のことずて アルバム『10th/テンス』より リリース:2002年

&ART編集部&ART編集部:今流しているのは竹村延和さんのアルバム『10th/テンス』です。歴史の流れも踏まえたほうが分かりやすいと思うので、きっかけとして20世紀末から21世紀にかけての京都のシーンを代表するアーティストである、竹村さんの音楽をかけました。竹村さんの音源に関しては後半で改めて取り上げます。
エレクトロニカは“PCで誰でも楽曲を制作できるシステム環境”が整ったことにより発展しました。また次の段階としてDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)の普及によって、HDDR(ハードディスクレコーディング)が一般化し、それによって小さいスタジオや自宅で、今までよりも低コストかつハイクオリティーの条件で音源制作できるようになりました。これはエレクトロニカ以外の分野にも大きな影響を与えました。日本でHDDRが普及しはじめて少し経った後、21世紀が始まるくらいのタイミングでしょうか。今回お話するのは、それ以降の時代についてということになります。
知識さえあれば、個人でもプロと変わらないクオリティーで音源制作が可能になり、この影響で優れた音源がたくさん生まれました。これは京都のような地方都市から、エレクトロニカの名盤が生まれていることの大きな理由の一つです。それから21世紀になると同時、2001年1月にiTunesがリリースされ、データ配信は急激に一般化しました。こうしてソフトもハードも整い、現在では音楽が「その気になれば誰でも制作/発信できるもの」になりましたが、95年から2005年くらいの、竹村さんが活躍した頃は過渡期にあったと思います。
糸魚さんご自身が主催しているイベントのフライヤーに「京都はエレクトロニック・ミュージック特区と呼ばれている」と書いていましたが、今回の対談の前半では「京都は本当にエレクトロニック・ミュージック特区なのか」を検証する意味も込めて、エレクトロニカについて話していきたいと思います。
まずは&ART編集部と原さんと糸魚さんの3人から推薦されている、soraことクロサワタケシさんのアルバム『Re:sort』です。本アルバムを選んだ理由を原さんから教えていただけますか。

  • sora/Pause アルバム『Re:sort』より リリース:2003年
neutron(新京極三条)

neutron(新京極三条)

原摩利彦:『Re:sort』は僕自身がコンピューターを使って音楽を作り始める直接のきっかけとなったアルバムです。僕にとってはここからエレクトロニカが始まっているので、自分の中で一つのエレクトロニカのモデルとなっています。初めにこのアルバムを聴いたのは、新京極三条にあった頃のneutronの試聴コーナーです。neutronには当時他のCDショップに行っても聴けないような、エレクトロニカのCDがたくさん並んでいました。半年くらいお店に通って、試聴し続けた後に購入しました。『Re:sort』はこれまで聴いていた音楽と比べ、音の質感があまりに衝撃的だったので、買うまでに心の準備をしていたんです(笑)。


&ART編集部:原さんのルーツなんですね。糸魚さんはクロサワさんとお知り合いですよね。

糸魚健一:クロサワさんとは一緒にセッションもしてきましたし思い出も多いですね。当時タワーレコード心斎橋店の3Fに、関西で一番センスのいいNEW AGEのコーナーがあり、エレクトロニカの新譜はみんなそこで探していました。『Re:sort』がそこで月間1位をとり続けていたことを覚えています。それでいつも「すごいね」とクロサワさんに言っていました。

原摩利彦

原摩利彦:このアルバムは聴きやすいのですが、この質感を普通のフォークトロニカのサウンドを作るような感覚でマネしようとしてみても、音の強度が不足してしまうんです。

糸魚健一:技術がすごいですよね。

&ART編集部:先ほど原さんが「質感が衝撃的だった」と話されていましたが、例えば原さんの音源を聴くとグリッジノイズなどの電子音を、まるでパレットに置かれた絵具の一種類であるかのように用いて、自然に音像を描いていますよね。ovalやAutechreなどの、現在のエレクトロニカのフォームを作った世代のアーティストは、電子音が作品のコンセプトに含まれているような印象を受けますが、原さんの世代になると電子音自体をコンセプトにしていない人が多い。特にフォークトロニカという言葉の誕生以降のアーティストは、情感を表現した作品であっても、グリッジノイズを割と自然に用いることができる。そういうことを考えると、日本では『Re:sort』の影響は大きい気がします。


DISC INFO

sora/『Re:sort』

発売日:2003/9/21 レーベル:PLOP フォーマット:CD 規格品番:PLIP3009

2003年にPLOPよりリリースされたクロサワタケシによるソロ・プロジェクト、soraの1stアルバム。 卓越したテクニックにより作り出される精緻な電子音と、環境音、ジャズ、ボサノヴァなどの素材を用いたアナログ・サンプリングを織り合わせることで、豊かな質感とサウンド・イメージを生み出している。

sora/『Re:sort』

&ART編集部:続いてPsysExこと糸魚健一さんの音源のお話をしていきましょう。見増さんは一枚目『Polyrhythm_system Exclusive Message』をピックアップしていますね。

  • PsysEx/patchware#424_ii ~original phrase mix
    アルバム『Polyrhythm_system Exclusive Message』より リリース:2002年

見増勇介見増勇介:僕がクラブに行きはじめたのは2001年辺りからですが、その頃から電子音響のライブパフォーマンスを体感しました。中でも糸魚さんの音楽は過去に聴いたことがなかったような形式ですごく気になり、それで買ったのがこのアルバムです。聴き終えて真っ先に思ったのは、まるで映画"2001年宇宙の旅"を見たかのような感覚だったことです。壮大なスケールと緻密さのレンジがものすごかった。心地良く、けれど不安定な印象を持つ一曲目"patchware#424_ii ~original phrase mix"のイントロ、それは僕にとってモノリスとの遭遇でした。自身にとって新しい何かと出会ったような。好奇心と不安感を抱きながら糸魚さんの世界に一気に引き寄せられるわけです。曲が進んでいく中で、あの映画を見ているような浮遊感や、わからないものに遭遇したような感触に、アルバム単位での完成度の高さ感じます。さらに糸魚さんの音楽は「誰かの音楽っぽい」というような文脈を感じませんでした。わからない方向に自分が行っているけれど、それがとても心地良いい。エレクトロニカだからということでなく、純粋に音楽として感銘を受け、そこから音楽との関わり方がガラリと変わりました。


Patchware on demand–Gel: & DISCOM Japan tour

Patchware on demand
–Gel: & DISCOM Japan tour–
2002.5.6 (mon/public holiday)
live: Gel[artefact from France], Discom[Deco from France], Tujiko Noriko[Mego],AOKI Takamasa[a.k.a. SILICOM, PROGRESSIVE FOrM], Hidenobu Ito[flyrec.],PsysEx[shrine]
DJs: Drummatic[flyrec.], KUNIO ASAI[DEEP SOUTH RECORDS,BRILLIANT]
image efx:Synait[Akira Nishihara, Takehiro Iikawa], cinematographe[Takayuki Miyashita, Yusuke Mimasu]

&ART編集部:このアルバムは2002年ですが、PsysExという名前で活動を始めたのはいつからでしょうか。

糸魚健一:このアルバムを出す数年前です。最初はCDでなくレコードを作りました。ロンドンに行ってマスタリング・スタジオとプレス屋を探して、プレスするという工程を一ヶ月かけて現地で行いました。デモをたくさん持って行き、直接レーベルに持ち込んだりもしました。その時のマスタリング・スタジオがなんとAbbey Road Studiosだったんです。マスタリング・スタジオやプレス屋を紹介してくれるエージェントのような会社を通して紹介していただいたのですが、「いまスケジュールが空いているのはここだけです」と言われ、行くとあの横断歩道があった(笑)。

見増勇介:リリースは何年ですか。

糸魚健一:98年くらいです。それが自分のレーベルshrine.jpを立ち上げたきっかけでした。

見増勇介:僕は20歳の時にVJをはじめたのがクラブに行くきっかけでした。そしてちょうどその辺りから糸魚さんが主催で現在も続いているイベントpatchware on demandが始まりました。今クラブメトロでHOMESICKというイベントを主催しているDJ colaboyも、shrine.jp所属のアーティストだったんですよね。

糸魚健一:DJ colaboyは実験音楽出身なんです。テクノDJのkohei君や、その周りにいたSILICOMだったりとか、当時は京都外国語大学内にエレクトロニカのコミューンがありました。ほとんどの人がもう音楽をやっていないけれど、中には世界を舞台にご活躍する人もいます。京都のエレクトロニカの流れの一つですよね。僕たちやその辺りにshrine.jpに関わって頂いていた方もありますね。

&ART編集部:では続いて&ART編集部からはPsysExの3枚目『Polyrhythm_system Exclusive Message 2』を推薦します。


  • PsysEx/#455_3 アルバム『Polyrhythm_system Exclusive Message 2』より リリース:2005年
&ART EVENTvol.1での演奏風景 photo by Yoshikazu Inoue

&ART EVENTvol.1での演奏風景
photo by Yoshikazu Inoue

&ART編集部:僕はこれをPsysExのスタンダードアルバムだと思っています。UrBANGUILDで2010年に開催した&ART EVENTでPAをしていただいた粕谷茂一さんが、糸魚さんのサウンドについて「低音、中音、高音をこんなにバランス良く当てられる人はいない」と語っていました。このアルバムは他のアルバムよりもアンビエントな要素が少ないですし、ストイックなまでに音域のバランスを崩さない姿勢が貫かれています。またポリリズムの展開も過激で、ライブ感が強い。このアルバムを作るうえではその辺りは意識されましたか。


糸魚健一:1枚目は、涼音堂から声をかけていただいてリリースした、自己紹介的なアルバムでした。2枚目はそれがきっかけでdaisyworld discsから声をかけていただいたきました、インディとメジャーレーベルの制約事項はあります。 制作上の反動が3枚目に表れています。

DISC INFO

PsysEx/『Polyrhythm_system Exclusive Message』

発売日:2002/11/24 レーベル:涼音堂茶舗 フォーマット:CD 規格品番:DES014

涼音堂茶舗からリリースされた1stアルバム。ポリリズムを軸としたイレギュラーなリズム構造と、全体を通してストーリーを感じさせるような広がりを合わせ持っており、1stにしてすでにアーティストのアイデンティティーが確立されていることがわかる。So Takahashiとスノーエフェクトの石川貴史によるリミックス収録。

PsysEx/『Polyrhythm_system Exclusive Message』

PsysEx/『Polyrhythm_system Exclusive Message 2』

発売日:2005/10/20 レーベル:涼音堂茶舗 フォーマット:CD 規格品番:DES024

daisyworld discsよりリリースされた2ndと同年に発表された3rdアルバム。前2作と比べ、ポリリズムの展開が過激になっており、徹底してストイックな姿勢が貫かれている。12kのコンピレーション収録曲#455のセルフリミックスや、2ndアルバムの収録曲#550_iiの原曲を収録。atom(tm)によるリミックス収録。

PsysEx/『Polyrhythm_system Exclusive Message 2』

&ART編集部:続いては糸魚さんと&ART編集部からのピックアップです。

  • Otograph/kingyo(golden fish) アルバム『from shine』より リリース:2004年
糸魚健一

&ART編集部:糸魚さんはOtographの全アルバムにマスタリングで参加していますね。Otographはこれまでにフルアルバムを2枚リリースしていますが、ファーストアルバムを選んだ理由を教えてください。

糸魚健一:新しいアーティストは、経験を積めば音の完成度は上がっていくのですが、それはインパクトとは別だと思います。彼らと出会ったのは、祇園のASPHODEL-The Sanctuaryというギャラリーで彼らが展示をしていた時でした。オーナーにお薦めされて展示に行ったのですが、すごく印象に残っています。サウンドの特徴としては『Re:sort』のような響きも持ちながらも、もっとビートが走っているような感じですね。

&ART編集部:アルバムは独立した音楽作品として成立しているのですが、Otographは本来ならば映像と一緒に見た方が個性は分かりますよね。

糸魚健一 :今でこそ映像と音楽両方手掛けているアーティストはたくさんいますけど、彼らは京都では先駆け的な存在ですよね。

&ART編集部:ライブでは一ライブを通して映像のアイデアが統一されているので、また感じ方が違いますが、アルバムでは一曲一曲が異なる世界観を持っているので、僕は曲単位で聴くことが多いです。一曲ごとに主軸となる音色が違うので、色彩、季節、温度、質感などイメージする音像が多様ですよね。
さて、次も糸魚さんと&ART編集部が共通でピックアップしたアルバムです。


  • Baiyon/had a new friends アルバム『Like a school on lunch time』より リリース:2006年

糸魚健一:Baiyonのサウンドは、当時ドローンやノイズの要素が多く、現在のようなテクノではありませんでした。これはすごくいいアルバムですよね。ノイズの中にセンチメンタリズムがある。

対談風景

&ART編集部:マスタリングがStephan Mathieuなんですよね。はじめてこのアルバムを聴いた時にThe Residentsを思い出しました。異形のポップミュージックという印象で、エレクトロニカの文脈とは少し違う印象を持っています。

見増勇介:実はこのアルバムを聴いたのは最近なのですが、現在のBaiyonさんの曲調と全然違っていたので驚きました。

&ART編集部:では次に糸魚さんにピックアップしていただいたHarp On Mouth Sextetを流します。


  • Harp On Mouth Sextet/石上音取(せきしょうねとり) アルバム『銀盤四季調』より リリース:2006年

糸魚健一:Harp On Mouth SextetはRUBYORLAさんを中心に活動しています。雅楽をモチーフにしたエレクトロニック・ミュージックです。

&ART編集部:実際に日本の伝統和楽器を使っていないということに、フェイク的コンセプトを感じます。

見増勇介:それは面白い。要は雅楽っぽく演奏しているわけですよね。

&ART編集部:無理やり伝統芸能を入れてこない感じがいいですよね。一歩距離を置いている印象を受けます。

Harp On Mouth Sextetライブ風景

Harp On Mouth Sextetライブ風景

見増勇介:人数は何人くらいなのですか。

糸魚健一:何人が正式なメンバーは何人なのでしょうか?RUBYORLAさんがテノリオンを演奏しながら指揮をするんです。パーカッション、ハープが何人編成になるかはその時によって変わります。ライブでは全員白装束を着て演奏していて、2009年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演しています。RUBYORLAさん個人もそうですが、Harp On Mouth Sextetはレイハラカミさん、AUTORA、speedometer、Ryo Araiさん達とも親交の深い、imagined recordsレーベル周辺から出てきた新世代アーティストですね。

見増勇介:その辺りの方々は一つのシーンとして確立されている印象がありますよね。


DISC INFO

Otograph/『from shine』

発売日:2004/11/11 レーベル:涼音堂茶舗 フォーマット:CD 規格品番:DES019

関西を拠点に活動する音響/映像ユニットOtographの1stアルバム。映像を喚起させるような抒情的で広がりのあるテクスチュアと、躍動しながらも緻密に重なり合うリズムのバランスが、アルバム全体に絶妙な緊張感を生み出している。イトウヒデノブとFiroによるリミックスを収録。

Otograph/『from shine』

Baiyon/『Like a school on lunch time』

発売日:2006/4/25 レーベル:BRAIN ESCAPE SANDWICH REC.
フォーマット:CD、MP3 規格品番:b.e.s.r-008

Baiyon名義で初のフルアルバム。現在ようなテクノ中心のサウンドではなく、ドローンやノイズのアイデアを用いつつ、その中からセンチメンタリズムが浮かび上がってくるような独特のサウンドプロダクションを展開している。マスタリングはStephan Mathieuが担当。

Baiyon/『Like a school on lunch time』

Harp On Mouth Sextet/『銀盤四季調』

発売日:2006/6/10 レーベル: IMAGINED RECORDS フォーマット:CD 規格品番:IMACD-03

電子音楽家/テノリオン奏者のRUBYORLAを中心に結成された、伝統楽器を使用せずに雅楽を演奏するエレクトロニカ雅楽ユニットHarp On Mouth Sextetの1stフルアルバム。改造ハーモニカやラップトップなどを用いて日本的な響きを生みだすという、他に類例のないアプローチで独自のダンスミュージックを作りあげている。

Harp On Mouth Sextet/『銀盤四季調』

&ART編集部:では次に&ART編集部推薦のレイハラカミさんの音源をかけます。

  • Rei Harakami/Red Curb アルバム『Red Curb』より リリース:2001年
out of the radio vol.6

"out of the radio vol.6"
CLUB METRO 28th May 2002
live act:Okihide[CX AUDIO] ,Softpad[Tomohiro Ueshiba, Takuya Minami, Teruyasu Okumura]
guest dj:SAWSAKI YOSHIHIRO[sublime records]
residents dj: Shinomiya[radiomodule]
performance: Shimone Fukayuki[DAIAMONDS ARE FOREVER]
image efx:Synait[Akira Nishihara, Takehiro Iikawa], cinematographe[Takayuki Miyashita, Yusuke Mimasu]

&ART編集部:Rei Harakamiさんの3枚目です。遊び心が光る素晴らしい作品ですね。

糸魚健一:ゼロ年代の京都のシーンの中心人物ですよね。

見増勇介 :Rei HarakamiさんはSublime recordsというレーベルからリリースしていましたね。

糸魚健一:Ken IshiiさんやCX Audio IEなど、エレクトロニカというよりは、エレクトロに近いような音源を多くリリースしているレーベルですね。ビートはクラブっぽくて、アンビエントな要素もある感じです。

見増勇介 :softpadの南琢也さんと奥村輝康さんが昔メトロでOut of the Radioというイベントをやった時にゲストできていました。

糸魚健一:Out of the Radioでは、インターネットが一般化し始めたばかりの時代に、奥村さんの家にサーバーを設置して、ネットでライブ中継を流していました。USTREAMの先駆けのようなことを2000年くらいにやっていたんです。

見増勇介 :当時は 回線が128–256kbpsくらいの時でしたよね(笑)。けれどクラブとの新たな関わり方を感じる素晴らしいパーティでした。

&ART編集部:続いて糸魚さんから高木正勝さんの音源を選んでいただいています。


  • 高木正勝/uter 1 アルバム『Journal For People』より リリース:2002年

糸魚健一:高木くんには2回目のpatchware on demandにゲストとして出てもらいました。

&ART編集部:若い世代のリスナーは『AIR'S NOTE』以後の、もう少しエレクトロニカ色が弱くなってきた頃から聴き始めている人が多いと思います。先日のめぐろパーシモンホールでのソロコンサートへ行ったのですが、『Tai Rei Tei Rio』以後はコンセプトの作り込み方が綿密になり、表現が突き抜けた印象があります。また音楽/映像のクオリティーが目に見えて向上しており、スケール感が拡大していますよね。

糸魚健一:ハードウェアの進化によって出てきた新しい手法を利用するのではなく、スペックを利用して粒立ちをきめ細かくしていっているようなイメージですね。

対談風景

DISC INFO

rei harakami/『red curb』

発売日:2001/4/25 レーベル:Sublime Records 規格品番:IDCS-1004

エレクトロニカという言葉のない時代から、主にRoland SC-88Proを使用して、独自性の高いポップミュージックを生み出してきたrei harakamiの3rdアルバム。繊細に紡がれつつも、時に奔放に変化する音作りは正に唯一無二。本作リリース以降くるり、ASA-CHANG&巡礼、矢野顕子など多くのミュージシャンのリミックスやプロデュースを手がけている。

rei harakami/『red curb』

高木正勝/『JOURNAL FOR PEOPLE -audio-』

発売日:2002/7/3 レーベル:daisyworld discs 規格品番:CTCR-14217

今や日本を代表する音楽家/映像作家となった高木正勝の日本デビュー盤。青木孝允との音楽/映像プロジェクトSILICOMからの影響を感じさせつつも、ピアノやヴォイスと電子音とのレイヤーに独自の個性を見出すことが出来る。発売当初はDVDとAUDIO別々にリリースされていたが、2006年にCD+DVDとしてリイシューされている。

高木正勝/『JOURNAL FOR PEOPLE -audio-』

  • 対談記事を見る

このページの一番上へ