アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

はわわ、となってついに投稿いたします。
前回のたゆたう投稿から5ヶ月も経っていたとは、おそろしや...
改めまして、こんにちは。
お初にお目にかかります、ふで部称たゆたう・ボ・相方です。
きちんとした文章を書かねば、と思うとなかなか筆が進みませぬので、
シュッとしたい!という叶わぬ憧れ心にさよならしてきました。


さてはて、
つい先日のこと。たくさんの人たちのお力添えのもと、前作から3年ぶりとなる2ndアルバム「糸波」をめでたくリリースいたしました。今回も1stアルバムの時と同じく、COMPARE NOTES RECORDS(map)からの発売なのですが、音遊びの要素もたくさん盛り込まれた1stアルバムに比べて、2ndアルバムは歌中心の作品に仕上がっています。ミュージシャンや歌うたいのすんばらしい方たちをゲストに迎え、サウンドアーティストでもある大城くんがエンジニアとして、レコーディング、mix、マスタリングの全てを担当してくれました。たゆたうのわがままがたくさん詰まった地獄の録音と果てなきmix作業にも最後までつきあってくれ、一緒に作り上げた作品です。
この「糸波」の発売を記念して、いつもお世話になっているUrBANGUILDでリリースパーティという名のお祭りワンマンライブもぶちかましました。たくさんのお客様とたくさんのアーティストに支えられたとても楽しい嬉しい夜で、ここでもはちきれんばかりの感謝の気持ちでいっぱいでした。(リリースパーティのあれこれについては、たゆたうのおふぃしゃるぶろぐ等をご覧くださいませ→たゆたうweblog
嗚呼、この場を借りて改めて、関わってくださいました皆様、本当にありがとうございました!


そんなこんなで、「糸波」の発売をきっかけに大風呂敷をひろげまくったわけですが、今回はたゆたうグッズのこと、「糸波」に収録された全8曲、1曲ごとに新しく作ったグッズについても紹介したいと思いまする。


tayugoods.jpg


1「はじまりの麓」...はじまらかす(マラカス)
  従来のたゆたうグッズでもコラボレーションしてきた、カージーとのコラボレーション。
  中身を入れ替えできるタイプとフィックスタイプの2種類があります。かわいいです。
2「星つむぐ海をわたる」...ブローチ
  たゆたうヴァ・相方が制作しました。とってもとてもかわゆいです。
3「つきにうたかた」...ぐいのみ(盃)
  陶芸作家の野上千晶さんに依頼して制作していただきました。素敵すぎます。
4「廻るおとずれ」...オーナメント
  コラボでおなじみカージーに完全委託で制作していただきました。とっても素敵です。
5「ひそやかなせかいのきせき」...ふろしき
  わたくし、ボ・相方が1枚ずつ手描きで染めております。我ながら、なかなか上手にできました。
6「おいわいのうた」...おいわいキャンドルホルダー
  これもカージーとのコラボレーション。いろいろあります。影がまた素晴らしいのです。
7「ここであいましょう」...てぬぐい
  たゆたうヴァ・相方が型染めで制作しています。全部で3種類。年中使えるすぐれもの。
8「いのちのいえ」...家プランツ
  大阪のギャラリースペース月夜と少年の少年の方に依頼して制作していただきました。残りわずか!
スペシャルグッズ...オープナー
  リリースパーティのスペシャル特典としてosocoことおだせいこさんに制作していただきました。
  パーティ以降もスペシャルグッズとして販売しています。
  ブローチや箸置きなんかにも変身できて、すんげぇかわゆいです。


グッズは全て手作りの1点モノなので1つひとつに違う表情があります。ライブ会場にて販売しているので、機会があればぜひ手にとって観てみてください。どれもこれも、とても気持ちのこもった作品たちです。


1stAlbumのリリースからあっという間に3年が経っていて、気が付けばたくさんの人たちや場所、数えきれないつながりに恵まれていました。もちろん、その前からもたくさんのつながりが今に続いていて。そんな新旧入り乱れた友人らの協力のもと、たゆたう初のPVもできあがりました。監督はたゆたうの大学時代からの友人でもあり、東京でのお泊まり先としてもお世話になっているでーさまこと小林大祐さま。これがまたすんばらしいPVなのです。
こちらも是非ぜひチェックしてみてください。


たゆたう「つきにうたかた」PV (2ndアルバム「糸波」に収録)


- - -


《おまけ》2ndアルバム「糸波」のクレジット


itonami.jpeg
『糸波』
1. はじまりの麓
2. 星つむぐ海をわたる
3. つきにうたかた
4. 廻るおとずれ
5. ひそやかなせかいのきせき
6. おいわいのうた
7. ここであいましょう
8. いのちのいえ


<guest musician>
 contrabass:田中馨(SAKEROCK、ショピン)【M2, 5】
 bodhrán:トシバウロン【M3】
 chorus:さや(テニスコーツ)、森ゆに、annayamada、bobo【M3】
<enginner>
 recording & mix & mastering:大城真
<CD jacket>
 illustration:にしもとひろこ
 ad & d:イガキアキコ
 A & R:小田


1stアルバム「いちにちのながさを、はなうたできめる。」の時と同じく、ジャケットのイラストレーションはわたくしボ・相方、デザインをヴァ・相方が担当しております。今回はジャケット中身のアートディレクションもヴァ・相方が担当しました。音、アートワーク共にとても素敵な仕上がりでございます。
あ、ちなみに、1stアルバムのジャケットは音源と対になったミニ絵本になっております。こちらもおすすめ。


というわけで、2ndAlbum「糸波」も是非ぜひ聴いてみてくださいませ◎

「充実した一日が幸せな眠りをもたらすように

充実した一生は幸福な死をもたらす」


またもや13日投稿という期限を守れなかった。
守れないことを守る、たゆたうヴァ・相方です。こんばんは。


冒頭のことば、わたしの好きなことばなのですが、
有名なのでご存知の方もさぞかし多いかと。
うまいこと言うなあ、だ、びんち。


この未曾有の危機にさらされている一ヶ月、自分は何が出来るのかを何度も何度も考えています。
きっと多くの人がそうだろうと思います。


アーティストとして、
人として、
何ができるのか。
何をするべきなのか。


極論を言えば、悩むぐらいだったら家財をなげうって被災された方々に尽力すればいいのかもしれません。
しかし正直なところ、そんな勇気はないのです。
その選択肢をはずした結果、今のところの結論は
「特別なことは出来ない。自分に出来ることしか出来ない。」


自分にできること。
義援金、献血(今まで献血に挑んで採血までこぎつけられたことがないのであやしいですが)


そして、想像し、創造すること。


福島の原発の事故があって、被曝しながら作業を続けている方がたくさんいる中、
私はもう原発が必要だと思う人なんて、ほとんどいなくなると思っていました。
だけど上関の工事は再開するし、原発推進派の石原は当選するし、
原発を恐いと思うことがこんなにもマイノリティな意見だとは思っていませんでした。


確かに、原発と共に生きる街の人々の経済状況を考えると複雑です。
私はその街に住んでいないから、原発なんてやめちまえ!と言えるのかもしれない。
けど、その場にいないからこそ想像できることだってある。
人まかせにしないで、それぞれが想像して考えること。


今自分は関西にいて、被災せずに生きている。
生きているから考えなくちゃいけない。
これから充実した人生を生きるために、どうすればいいのか。


それができずに亡くなったたくさんの人たちや、被災地で避難生活を余儀なくされていて思うように動けないひとたちの分も、考えなくちゃいけない。
天災はどうにもならないけど、原発は止めることができる。
原発が止まった後の街のことも、
想像して、考えて、創造する。

それはきっと、誰でもできることなんだと思います。


充実した人生だったぜ、と言って幸福な眠りにつきたいから、
私はまず想像することから始めたいと思います。


余談ですが、
自分の場合どんなに充実した一日だった、と思っても、
仰向けに寝ると必ずと言っていいほど悪夢を見るので、
大概の日が悪夢で目が覚めます。


たゆたう:「しあわせのねむり」(2007)

こんばんは、13日担当のルールを2回目にして破ってしまいまして、スミマセン、
たゆたう・ヴァ・相方です。


11日から続く様々なこと、
被災されてる方々にこの上ないエールを、
不休で今なお戦い続けている方々にたくさんの感謝とエールを、
一人でも多くの方が救出されることを、本当に、せつに祈っています。


この離れた場所にいて、自分に出来ることは果たしていつも通りの生活なのか?
否、
そんなわけはないのです。
被災者の方々を心配し、
いまにもどうにかなりそうな原発を心配し、
今後のこの国を心配し、
けれどこの場所で、憂いてばかりいてもどうしようもない。


だから、たゆたうは、うたを。
(と思って作ったのですが、なにぶん先ほど出来たので、相方にすら聴かせることができておりません。ゆえに相方が歌えるようになったらこちらでも発表します)


このブログを被災者の方がすぐに見るという可能性は少ないかもしれませんが。
2年前に作った曲ですが、
いまのような状況になったときのことを想って作った曲があります。


この曲は今制作している、次のアルバムに収録される予定ですが、
この音源はアルバム用とは別で、去年の夏に瀬戸内の豊島でフィールドレコーディングしたものです。


→  ここであいましょう


みんなが笑顔でいられるときが早くきますように。
 
 
 
 
 
「ここであいましょう」


ここで また 逢いましょう
芽吹く みどりのにおいに
てをつないで 雨をうたう
また ここで 逢いましょう


うたは遠くからきたの
わたしのなかに いる
ときがたてば あなたにも
じかんをこえて つながるわ


耳をすまして
生きている音をきく
何百年も 何千年も
生きている音をきく


真っ白なあたまで
考えてみれば
守るものと
生まれるものと


あるけば遠く
とまれば近く
とおくはきれい
こたえは ここに


ここで また 逢いましょう
芽吹く みどりのにおいに
てをつないで 雨をうたう


耳をすまして
生きている音をきく
何百年も 何千年も
生きている音をきく


雨は黒く
風に遠く
光を白く
大地と踊る


真っ白なこころで
感じてみれば
こどうとひびく
こたえは ここに

はじめまして、
1月より&ARTISTに仲間入りしました、たゆたうと申します。


一言で「たゆたう」と申しましても、
これまた二人の生命体で営んでいるわけでして、
片方はにしもとひろこ(ボ・相方)、
もう片方はイガキアキコ(ヴァ・相方)といいまして、
今どんなことをやっているかと言いますと、


コチラ
http://www.ustream.tv/channel/tayutaust


14日、12時から生たゆーすと(ゲスト有り)です♥


それでは、以後お見知りおきを!



このページの一番上へ