アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

ウィーンにいます。2年ぶり。おもうところはたくさんあって、ほんとうにたくさんあって、
まだどうもうまくまとまらない。ただ歩きながら、見つめながら、描きながら、
湧き出るものをぐっと噛みしめる(抱きしめる、かもしれん)
それらもろもろ、もう少し煮詰めてから文章に出来たらいいなと。
その前にこの1週間の旅の記憶をまだ手触りが残るうちにと並べてみます。
ウィーンから電車で3時間半、スロベニアとの国境付近、エリザベスの住むところ、ケアンテンでの1週間。
そこがわたしにとってどんどん意味のある場所になっていく。


ーーーーーー何度目かのケアンテンにてーーーーーーー


南駅の消滅から始まる


電車の旅に集中する


暗闇の中の30分


カティンカ!


壁に扉を、扉を壁に


かつてのプールルーム


300冊のカレンダー


天使に関するいくつかの(陳腐な)質問


見送り、ドアをしめる


ぱたん


どこにもつながらない(際立つ何か)


台所で手紙を書く


霧の中へ


木に咲いた氷の花、真っ白な、真っ白な


消えてく(追いかける)


粉砂糖が降るみたいに静か


ゆらゆらネーベル


にんじんの切り口は太陽


たとえば。


「土曜日、霧の向こうへ行ってみる?」


走る、追い越す、挨拶をする


ビッグハムスターの謎、解ける


50分の授業のために


りんご、くるみ、砂糖、シナモン、ゼンメル粉、パイ生地


古城を目指す


カティンカ!カティンカ!


美しい地層、時間の、記憶の、


チェーホフのさくらんぼ畑


4人で描く


赤い蝋燭を丸める


「虹からは虹色の雨が降るの」


6歳のエマ


見て!青空が!(霧を越える土曜日)


光とゲレンデを駆け上がる


キンダーモノポリー


いくつかの冬といくつかの夏と/計画


油絵具の匂い、感情の肌触り


羽のはえたカンガルーの上から


取り戻す。かみしめる。


焼き栗を1/2リットル


クランプスの行進


光る眼は好きじゃない


はちみつパン


丘の上の教会、時刻を知らせる鐘


セージ、イラクサ、ハゴロモ草、ミント、ジンジャー


「日本のお墓はどんななの?」


メルヘンの高度な理解について


お金のしくみ


凍ったバラ


動物の持つ雰囲気が絵画に与える影響についてとか


庭で焚き火、21時


煙で霧を増やす/うつる影


ゲストブック、青の色鉛筆


リンゴ、黒パン、チーズ


スロベニアとの国境


iPhoneのメール


ウィーンへ帰る、日本へ帰る、帰るってどこに


夜が来た


夜へ行く


たぶん、得た。


はじまるよ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とにかく霧がすごくって、ずっと霧の中にいたような1週間だった。
森を歩き、本を読み、絵を描いた。青空を求めて霧を越えた土曜日、急に晴れた霧の中から現れた真っ白な木々の風景。
霜を全身にまとった、まるで氷の花が咲いたみたいな白い森。嘘みたいな。
こんなことがあるんだなーとぼんやり目の前に広がる奇跡みたいな出来事を受け入れる。
触ったら壊れそうな、それはそれは綺麗な。思い出しては嗚呼と思う。


get-attachment-4.aspx.jpeg


get-attachment-3.aspx.jpeg


get-attachment-2.aspx.jpeg


get-attachment-1.aspx.jpeg

これは忘れられなくなるだろなと見た瞬間にもう思ったけど。
昨日見た戒壇院の広目天のことをやっぱりずっと考えてる。
こんな四天王は見たことないっていうほんとうに静かで強く美しい像だったんだけど
中でも広目天の姿が目が顔つきが、まとう空気が、忘れられない。
あそこにはなにがあったんだろう。わたしは何にこんなにも惹かれたのだろうって考えてた。
眼だった。その目つき、まなざし、視線。ねえ、なにみてるの。なにがみえてるの。
それは絶対にさわれなくて、絶対的に綺麗で。なんなんだろう。あれは。
その視線によってそこの全てが結晶化してるようで、透きとおって、鋭くて、美しくて。


視線もしくはその視線の先


美術でも読みものでも写真でも、音楽でもそうかもしれない
結局わたしが気になるのは、惹かれてやまないものは
作り手のその視線の先に何があるのかってとこなのだなと思う。
好きになる人でもたぶんそう、この人の眼にはどんな世界がうつってるの
何を見ようとしてるの、その視線の先にあるのはいったいなに。惹かれるのはそこ。


誰かの作品を見ながら、それを見てる自分の眼がその作り手の眼になる。
正しく言えばそういう錯覚をおぼえることがあるとかそんな感じなんだろうけど。
そうやって見た/見えた世界がなんだかたまらなすぎて胸がぎゅうとなっていたりする。
ほんと、どうみせたいかよりも、何をみたいか、何をみてるか、なんだよなと思う。


その先にあるもの、進んで行く先。やっぱ、見てる方向行っちゃうし。


あとは。人間の目とは見たいものしか見えないようになってるみたい。


ねえ、なにみてるのって思う


きのう見た広目天は私のほうなんて見てなかったんだけど
はるか遠くに(ほんとうに遠かった)向けられた視線が野を越え山を越え
世界を何周かまわったのちに私のことサクっと突き刺してったような、そんなような。
突き刺さって出来た傷をなでながらなんかそんなこと考えてる。

夜の海に夜光虫を見に行った。
とろりと暗い海に漂う光の粒を見ていたら、
まるで星空を眺めているかの錯覚を覚えた。
足下に広がる宇宙。


刺激に反応して発光する夜光虫。
石を投げると光の輪で、波打ち際には砕ける光が。
落ちてた傘で水面をなぞると海の中にきらめきが走り、
まるで指先から銀河。


空を見上げるではなく、覗き込むという感覚がとても面白くて
前に飛行機の上から海を見ながら似た事を思ったのを思い出した。


休暇が終わりウィーンへ帰る飛行機の中。
海の青は空の青を映しているのだとしたら
私が今見下ろしているこの海の色は空の色だということにもなる
じゃあ私はいま眼下に空を見ているといっても間違いじゃないよね?
そんなことをただただぼんやりと考えていた。
(そういえばあのときわたしは泣いていたのかもしれない)


空も海も気持ちまで吸い込まれそうになって困る。
ただし、それが嫌いではないのだけれど。


いろいろなものが姿を映し合って存在してんだよなあ、とか


世界は私をうつす鏡で
私は世界をうつす鏡で


さてと。


「指先から銀河」9月3日から京都で個展します。
ホワイトキューブな展示空間を飛び出しての展覧会。
まだ展示してみてないからなんとも言えないけど、
私はどうもそっちが性に合ってるかもしれないなあ。


ふらりと遊びにきてください。


yubisakikara_ginga_dm.jpg

冷凍のふにゃふにゃしたやつじゃなくって
枝付きを買って来てむしって硬めに茹でてまだすこし熱いのを食べる
それがこの時期の醍醐味、枝豆編。


・洗った枝豆を海水よりも薄めの塩水に数時間〜ひと晩 浸しておく
・水切って沸騰した湯ですばやく茹であげる。1〜2分で良いと思う
・ざるにあげて湯をきりながら塩まぶしからめる


塩水につけておいてから本当にすばやく茹であげるのがポイントで、
かなり歯ごたえを残したコリコリの枝豆になる。
青い味がするんだよなあ、それがすばらしくおいしいんだよなあ。


さあ、夏が来た

朝顔の芽がでた。
わたしがまいた朝顔の種は「宵の月」と「水月(すいげつ)」という名前だったんだけど
ふたつ出た芽のうちハテどちらが宵の月でどちらが水月なのかわからなくなってしまった。
そこは大事なとこなんだけどなー


さいきん日が長くなってきて夕暮れ時から夜にかけてがとても気持ちいい。
身体にまとわりつくぬるい空気や薄暗い夕闇の感じがいつかの記憶を鮮やかに連れて来る。
誰よりなにより身体がいちばん覚えていて、ふとした夕方の光に意識をまるごと持っていかれてしまったりする。
記憶はそうやって季節とともに私の中を循環しては少し胸をしめつけてまた空気にとけてゆく。
空気がぬるい今の時期は自分とまわりとの境界線が曖昧になり 全てがゆるやかに動き流れて何もどこにも溜まらない。
そこが、とても、好きだ。


おおげさなことはなにもないんだよな、と思う。


最近なんだか移動続きで、しばらく忘れてしまっていた感覚にまた再びスイッチが入った。
短期間で転々と移動を繰り返すとそのうち自分の身ひとつだけが際立って感じられるようになってくる。
どこかに属する、まわりの環境と自分との一体感みたいなものが薄れて
個としての存在であるというなんだかポツンとした感じになってくる。
これは自分にとって違和感の感じられない場所ならばすぐにスルリと入り込むこともできるポツンでもあって。
久しぶりに思い出したこのポツンとした感じには 何かとても親しみと懐かしさがあった。


なんだか、どこでもいいし、なんでもいい。
ただ、そのなかでどこを選ぶのか、何を選ぶのかという感覚だけは鈍らさないようにしたいなあ、など思う。


予感がゆっくりと確信にかわっていく。
あとは身体でものを考えることができれば。


先月行った鹿児島は一足先に亜熱帯だった。日差しの強い国は持つ影も濃い。
両極にあるものが隣り合って存在する感じ、そのコントラストに目がくらんで、私は目で見ることをやめた。


tropic.jpg


tropic2.jpg

ホットケーキは幸せな食べ物だなあ
作って食べるのももちろんいいが、喫茶店のホットケーキというものが良い。
喫茶店でホットケーキを食べる、という時間まるまる魅力的なの、よ!


それには京都はうってつけ。


寺町 スマートコーヒー
smart_hotcake.jpg


千本今出川 喫茶 静香
hot1.jpg


河原町今出川 タナカコーヒー
hot2.jpg


千本 喫茶マリヤ
hot3.jpg


荒神口 リバーバンク
hot4.jpg


祇園 レストラン菊水
hot5.jpg


西陣 ラインベック
hot6.jpg


二条 雨林舎
hot7.jpg


最後に個展のお知らせこっそりと


亜熱帯劇場 " The Subtropic Theatre "
@ MORI YU GALLERY TOKYO
4/23 fri. - 5/29 sat.
opening receptoin 4/23 fri. 18:00より


The Subtropic Theatre.jpg

ベランダのチューリップが芽を出してるのを発見。
いま3cm。うれしいかわいいわーいわーい。


こないだ。色鉛筆を愛する私のリクエストに答えて家具職人のふくちゃんが鉛筆立てをつくってくれた。
しかもカステルが入るように普通よりもちょっと太めの穴で。
うれしいなーうれしいなー。
98本収まるのだ。偶然にもうちのテーブルの幅とほぼぴったり。
これはもうなんだしばらくドローイング週間だ、月間だ。


farbstift.jpg


farbstift2.jpg


なんだかいろんなことが変わっていく。
じゃあそのもっと根底に流れる大切なものは何だ何なのだ、ということに意識を集中させる日々。
何かとてつもなく本当のこと(もしくはモノ)について。


こないだ フォーチュン クッキー からひらりとこぼれ落ちた言葉


" A challenging surprise is waiting."   


そうか。


わたしは フォーチュン クッキー を食べるときの少しの緊張感が好きだ。
それはきっと言葉の強さに関する問題


風景が不思議な共感によって生成されたこと


投影による二重の世界


それにしても
ほんとにいろんなものに人に励まされて助けられて歩いてる
ひとりじゃなんにもできないよ
クルテクだってパンにバター塗るの手伝ってくれるし


クルテクbrot.jpg


このページの一番上へ