アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

エ〜既にお気づきの方もおられるでしょうが、このブログリレーは今月で終了となりました。
まあ多くの方々にはどうでもいいことでしょうけども。


僕が説明するのもなんですが、そもそもここのブログは、&ARTで取り上げたアーティストが毎月決まった日にブログを更新することにより毎日新しいブログが読めるというものを目指したもの、だったと思います。
で、僕は毎月22日担当だったのでその約束通りブログ書いて更新してたわけなんですが、当初はその企画通り他のアーティストの方々もブログアップして賑わってたものの、気がつけばここのところは律儀なアーティストさん数人だけでまわしてたリレーだったので、やはりこれが潮時ですね。
ちょっと決断が遅いくらいかと思いますが、終了は仕方なしですな。


そして最終日を書くようにご指名いただきましたので、ここにこうしてアップした次第であります。


そもそもは、担当者との約束だけの、金銭やら契約やらといった縛りのないものだったので、「毎月更新」というノルマ的なものが無くなって行くのは必然だったかと思いますが、そんな中、自慢じゃないですが毎月更新させていただきました。・・・まあ、内容の善し悪しついてはさておき。


僕が何故そんなに執着して毎月アップしていたかというと、ブログ書くのが嫌いじゃない(←素直に好きって言えよ)というだけではなく、自分の中のちょっとした「京都人あるある」に対する抗い、的なとこもありました。


昔から、京都以外の方が
「京都の人は飲み屋なんかで、『アレやろうコレやろう!』と盛り上がるけど、実現することがほとんどない」
というような旨を言ってるのをよく耳にしてたのですが、それに関してはいつも「ああ、そうやな〜」と思ってました。
かく言う私もたいていそんな感じなんです。
これに関しては別に京都人に限ったことではなく個人の問題だとは思いますが、そんな風潮に自分も浸かっていつまでも口ばかりズムではいかん、という思いがあって、こういう「男の約束」なものはできるだけ自分からサジを投げないで続けよう、という気持ちがあったのです。


さらにインターネットというのは、その「口ばかりズム」的なものがやりっ放しでそもまま不様に漂う状態になりガチメディアなので、余計に執着心を持ったのかも知れません。


そして、最初はマメに書いてたアーティストが少しづつフェイドアウトすればするほど、俄然こちらは火がついて、ネタが枯渇しても歯磨き粉のチューブをスプーンのヘラで押し出すごとく・・・あ、そこはアーティストなら絵の具のチューブで例えた方がいいかしら?・・・とにかく絞り出してはアップしてたという感じです。


言ってみれば意地を維持してきたという感じだったので、今回の「終了通達」メールがきた時は、嗚呼と安堵したというのが本音です。


と、前置きはこのくらいにして(ってまだ前置きやったんかい!)最後のお題、「ここ5年」ですね。


ここ5年で買ったTシャツと言えば・・・とTシャツで綴る5年を、とも思いましたが、やっぱもうTシャツの話は最後なのでやめます。ですので、「Tシャツじゃつらいよ」シリーズは前回で終了します。(どっかで再開あるかもですが)
とりあえず美術作家としての私の5年を軽く振り返ってみます。


ちょうどこの&ARTで取り上げてもらえるきっかけとなったのがこの「放課後の展覧会」(2009)という展覧会。


それから5年・・・いまだにこの時の栄光をシガミながらやってます・・ってあかんがな!


その後はおかげさまで色々な所で発表させてもらえたり交流していただいたりして、大きな怪我もなく、無事にやっております。
お金のための仕事も、配達業の方は15年目、保育園お絵描きは10年目。
それを思えばブログリレーなんて大した年数ではないですな。


まあ、僕みたいな京都のドブ板の裏の虫的な美術作家でも、それなりに続けてたらそれなりに認知していただいたという5年でした。「美しい方は美しく、そうでない方はそれなりに」という感じです。


そんなワケで、泣いても笑ってももうリレーは最終回。
冒頭でいろいろ書きましたが、ノーギャラでもしつこく書いてたらギャラのあるブログ仕事をまわしてくれたり皆勤賞くれたりした担当Nくんには大変感謝しております。


また&ART周辺は冒頭の「京都あるある」に易々とハマることもなく、飲み会での盛り上がりから立ち上がった「MOVING」も、(その飲み会に参加してたにも関わらず僕に作家として一切声をかけないところを除けば!)素晴らしい展開を見せて下さってます。


そんな盛り上がりを横目に、妬み嫉みを燃料として燃やしながら僕もなんやかんややっていきたいと思いますので、引き続き&ARTをよろしくお願いします。
・・・あ、「なんやかんや」って何?という質問は受け付けませんが、「なんやかんや」がどうしても気になるかたは以後、こちらのブログ等をチェックしてみて下さい。
気が向いたらTシャツはつらいよの再開もあるかもです。


kutibakari2.jpg


「口ばかりズムの図」木内貴志 2014


では、皆様お疲れさまでした!アディオスアミーゴ!

いや、何のことですか?と思われるでしょうね。「盆踊り家もめず歌」って。
こういうタイトル付けた自分でもよくわからないです。


これにはワケがあって、今さらですがこのブログは毎月Tシャツをテーマに書いてるのですが、タイトルはいつからか「男はつらいよ」をもじってつけるようになりました。
ですので、毎月の内容と「男は〜」シリーズのサブタイトルが上手くリンクすればいいのですが、そんなことはそうそう無く、しかも回を重ねるごとにこちらの書くネタも無く、泣く泣く強引にタイトルつけた結果「何のことやねん?」となってる次第であります。


これはまあ、特に構想もない甘い見積もりと行き当たりばったりで連載を始めた方にはよくある話じゃないかしら?
その時点でプロ失格な訳ですが・・・あ、よく考えたらこのブログも特にギャラなど出てないので、プロでもなんでもないのですけど私。


と、上手くブログが書けない言い訳はさておき、順番で行くと今回のサブタイトルが「寅次郎 かもめ歌」なので、「かもめ」をどうするか?ということで、やはり「やもめ」なんかとカケるという発想がまず出ましたが、しまった、結婚したんだった、もうやもめじゃないんだ!ということでまず却下。
次に、かもめの「か」を「家」に変換して「家もめ」としたら・・・なんか家がモメテルみたいなメッセージと取られてしまうし・・実際は特にモメテないしな〜。
ということで「家もめず歌」となりました。
カモメズ歌・・・で、自分でも「何のことやねん?」となった次第です。


ちょっと待て!その前に「盆踊り」はどっから来たのん?
とお思いでしょうが、それがこちらから来たのです。
一番最近買ったTシャツです。


bondancet1.JPG


「BON DANCE」Tシャツです。
スケラッコさんという京都で活躍されてる作家さんのTシャツです。
うちのかみさんが(もちろんコロンボ風に)スケラッコさんのファンなのですが、そのかみさんが作品的なものを販売したりするイベントに先日行ってきまして、そこにスケラッコさんのTシャツも販売されてました。


「BON DANCE」以外にも「UDON」とかもあって、先月丸亀にうどん食べに行ったりしたのでそっちもいいかな〜と思ったのですが、そのイベントはメインアクトが河内屋菊水丸さんによる河内音頭。ステージにはやぐらも組んであり、地下のクラブなのですが盆踊りナイト!
盆踊りなんて幼少期以来行った記憶がないのですが、生の河内音頭による盆踊りはアガルアガル!
ということで、イベント終わりがけに慌てて購入したTシャツです。


bondancet2.JPG


端ではかわいいキャラも踊ってます。


まあ、盆踊りはTシャツじゃなくて浴衣でやるのが本筋ですが、ブログも上手く書けない今日この頃な私ですから、このTシャツ着て心だけでも季節はずれのボンダンスを踊りたいと思っております。

夏もいよいよ大詰めで、Tシャツも毎日ビチャビチャに濡れるシーズンではありますが、個人的に8月頭の冷静と情熱の間のような灼熱からの冷え込みの日に夏風邪と夏バテの間のような症状になってしまったのですが、特に対策をせずだましだましやり過ごそうとしたら結局2週間以上、「仕事休むほどではないがちょっとしんどい」状態が続いてしまいました。結局治りかけのころに医者に行って、「何しにきたん?」てな診断ですが薬をいただき、ようやく回復したのですが、気づけば盆が通り過ぎてしまいました。


ということで、精彩を欠く夏となっております。


kakuseisai.JPG


自作Tシャツ着てもテンションが上がらない・・・。
「どうせ今年も(優勝は)巨人やろ?」みたいな絶望感が漂ってます。


そんな夫とは対照的に妻は絶好調!な集団に属してるので、なんやかんや淡々とやってはります。
そう、奥様は「画賊」なのです。


・・・って唐突に「画賊」って言われてもアレですな。
海賊や裸族は知ってるけど画賊って?と思われる方も多いと思いますので、少し説明を。


読んで字のごとく、画の賊です。
詳細はこちら画賊ホームページ。
面白すぎて僕くやちい!てな感じのページです。


元々はそれぞれ画家、美術作家、張り子作家、ハイパーメディアクリエーター等で活躍されてる方々が、その枠を越えて集まり、新たな創造をする集団です・・・って違うかな?
まあ、ハタから見ると楽しそうなサークルです。賊の中では割とひょうきん賊です。


そんな作家さんの放課後部活のようにとらえてたら、あれよあれよと言う間に活躍されてきまして、展覧会や書籍出版、展示即売会にブロマイド作成、等々、やることなすこと大好評で、気がつけば青林工藝舎の雑誌「アックス」で表紙&巻頭特集を組まれるという快挙を達成されました。


「ガロ」の流れを汲むアックスの表紙に、最近臆することなく顔出し上等!な賊長がにらみを利かし登場する様を、3年前に東京のグループ展で画賊と知り合った筆者には全く想像できませんでした。


そしてついにそのアックスから「画賊Tシャツ」が登場!
そんなイケイケ集団にあやからねば!と購入しました。


gazokut.JPG


ローマ字で「GAZOKU」と書かれたTシャツ。
欧米から見ればもはや「SAMURAI」とか「FUZIYAMA」とか「HARAKIRI」とかと同じ感覚ですな!(たぶん間違い)


そんで、色も色々選べるのですが、これは意外と淡〜いパステル調が多いです。
協議の結果、この一番何色かわかりにくいや〜つにしました。
ピンクとかブルーは画賊を愛するガゾクギャル(ナゴムギャルみたいな)に譲ることにして、賊長が着てそうなアダルト系の色で無難にこなす、とか言うてるうちはまだまだ精彩を欠きそうな筆者ですが・・・。


gazokuttyaku.JPG


着てみてビックリ!もりもり力が湧いてきました!
朝の目覚めの違いを実感です!阪神も優勝するかもー!って思えるようになりました!
(*効果には個人差があります。)


ということで今回紹介したTシャツはこちらで購入できます。
賊パワーにあやかりたい方はぜひぜひ。

さて今年も夏真っ盛りということで、半袖Tシャツはフル稼働となるわけなんですが、こちらに書くブログネタは特になく、このままではブログ停止となってます。


いや、いかんいかん。
これは稼働し続けると決めたのだから、脱Tシャツブログなんてできません!
理由なんてないのです。決めたのだから!


ということで、何が何でも稼働稼働とやればやるほど、無理がでてきてるのですが、とりあえずは脱ぐか!
ということで、今着てるTシャツをパチリと撮影。


happylife14.JPG


こちらです。漫画家・本秀康さんのTシャツ。
イラストの上には「HAPPY LIFE」の文字が。「たのしい人生」という漫画のTシャツだったと思います。


購入したのは20代の頃です。
当時は気に入ってちょこちょこ着てた気がしますが、年を取るにつれてこのポップな色(特に袖の水色な感じ)に恥ずかしさを覚えるようになって2軍暮らし。
で、ほとんど着てなかったのですが、最近はそういうTシャツを眠らさずに家着や寝間着にするようになったので、外に出ない時に着ています。


実は私、5月に入籍しまして、暦の上では新婚ホヤホヤ、そりゃさぞかし「HAPPY LIFE」でしょうな〜と思われそうですが、1年くらいの同棲の後、とりあえず籍を入れただけの状態ですので、大きな変化はない毎日です。
むしろ、最近はちょっと制作が落ち着いてきたんで、炊事やら洗濯やらをこなすライフです。


ま、しかし、それはそれで楽しい生活。
めんどくせ〜〜と思うことはありますが、それほど苦痛ということはなくて、むしろ家事は楽しんでます。
未来を思うと不安だらけですが、かけがえのない生活を楽しんでる気もします。


と、今着てるTシャツを脱いだだけでブログ書くのもあれなんで、最近購入したものも紹介します。


spfc14.JPG


こちら、通販で買ったTシャツ。ネットで発見して買いました。
メッセージは自動翻訳でもわかる簡単なものです。脱〜なTシャツを着ます。


もうええ歳ですが、まだまだこちらには未来があるわけです。
さらにお子様たちには自分より長いそれがあるわけですから、それを不安にさせるものを、危険と知りつつ動かし続けるのはどうか?と思う訳です。


蛇口を無駄にダラダラ開きっぱなしにしないで、キュッとしめて「HAPPY LIFE」を楽しみたいと思う今年の夏です。

ここんとこ仕事と家事ばかりしていて、それ以外はぼんやりと過ごしてる感じなんですが、気がつけばやたら青くないですか?
周りの人のTシャツが。


何でかな〜?と思って調べてたら、サッカーの世界大会が行われてるんですね。
で、そこに出てる日本代表のチームカラーが青なんですな。サムライブルーと言うのですね。
コバルトとかプルシアンとかウルトラマリンとか、色んなブルーがありますが、これは色を指す意味じゃないということで、サムライブルーは、どちらかというとマリッジブルーとかBe blueとかヒステリックブルーとか、そういう言葉と同じということですね。


・・・とシラこく書いてますが、サッカーワールドカップに関しては、そんなに興味はないけど嫌いとかアンチW杯とかではなく、要するに「普通」な私。
なので、日本や他国の勝ち負けなんかは阪神の勝ち負けに比べれば大した影響もない、という感じです。


まあ、どちらかというと「野球派」なベタ昭和日本男性ですし、基本スポーツは苦手な青春を過ごしてきたもんで。
学生時代も体育のサッカーの授業ではボールから逃げ回り、偶然まわってきたボールも見事に「スカッ!」と蹴り損なうという、確実に女子にモテないキャラでありましたから。
サッカー部の人たちと言えば、運動できてちょっとヤンチャでオシャレで活発、という自分とは真逆な方々だったのでもちろん交流等もなく、ただただ恨めしげに見つめるだけでした。


そんな僕を救ってくれた逃げ場所が、そう、「アート」なのです・・・って何の話やねん?


Tシャツの話に戻します。


そんなもんですから、家にサムライブルーなTシャツはあるわけないのですが、ブルーのTシャツと言えばこれですな。


wakibara1.JPG


見事に青いTシャツ。限りなく不透明に近いブルー。サムライのそれよりは少し明るいコバルト気味なTシャツ。
しかし、一点の曇りもない無地のTシャツ、ではありません。
よく見ると側面にプリントが。


wakibara2.JPG


ちょうど脇の下のとこに薔薇のプリント。


wakibara3.JPG


脇腹の上に脇薔薇、ってことかしら?


これは美術作家・須田悦弘さんのTシャツ。
おそらく美術館かギャラリーかが制作された作家さんのグッズのTシャツだと思います。


須田さんの作品と言えば、植物を精密に模した木彫の作品で知られますが、単なる木彫作品ではなく、展示方法が凄く凝られてることで有名です。
簡単に言うと、わかりやすく台座などに置かれず、本物の植物の様にさりげなく壁の隙間に生えてる様に展示されてたり、実際の庭に置かれたりと、もうそれは「作品を探せ!」状態なこともしばしば。
僕も過去、何度もキャプションはあるのに作品がどこにあるかわからないという経験をしたことがあります。


そんな氏の作風を見事に表現したTシャツということで、別の展示観に行った時に豊田市美術館で売られてたのを見つけて即買いしてしまいました。


まさにこれは「秘すれば花」Tシャツ。
そう易々とは刀を抜かないサムライのブルー。
ということで、プリント全面全開なTシャツもいいですが、たまには花を脇の下に忍ばせて。


ついでに脇の下から薔薇の香りでも漂えばいいのですが、自分の脇汗の臭さで薔薇が枯れないように気をつけたいと思います。

Tシャツシーズンもじわじわと近づいてるということで、いよいよタンスから一軍Tシャツたちが出てくる季節となってまいりました。
そこそこ格好を気にするお出かけなどのときは、どのTシャツにしよかな〜とかそれなりに考えるのですが、特にそうでもない時も、それなりに考えつつ結局これになる、というような、使い勝手がいいTシャツというのがあります。
そのなかでもこれ。


muragiT1.JPG


ムラギしマナヴさん作のTシャツ。黒字に白のプリントのシンプルなTシャツ。迷った時はよくこれを選んでしまいます。


muragiTkiuchi.JPG


モデルは筆者です。数年前(30代)の頃の写真。


あ、「ムラギしマナヴさん作」と何の前置きもなく書きましたが、皆さんはご存知でしょうか?
その昔・・・いや、そういう言い方は失礼か・・とにかく諸々割愛。
一言で言うと「噂の凄い人」です。


いや、なんせその凄さは自身もご本人の活動や、また個人的にも付き合いがあるので自信を持って言えるのですが、いざその凄さのプレゼンすべく資料集めようとネット検索したところ、ある種のところのデータはあまり見つからず、あしからず、てな具合。


なので、今回は「噂」的な感じで申し訳ないですが、まあ現物のTシャツはありますのでこれでなんとか。


冒頭で紹介したTシャツは、確かムラギしさんが「架空のジャズのレコードジャケットの展覧会」的な内容の展覧会をされたときに、ご自身でプリントして作られたもの。
その展覧会自体は見てないのですが、後日、縁あって何度かご自宅にお邪魔した際に見せていただいて購入したもの。

このお気に入り黒と、もう一枚も持ってます。


muragiT2.JPG


こちらも同じシリーズのやつです。


ムラギしさんとTシャツと言えば、その昔、東京のショップで商品化されたものを、桑田佳祐がライヴで着てたり、奥田民生がプロモーションビデオで着てたり、という話があって僕もそれらを確認してるので間違いないのですが、なんせその動画なんかももう削除されてたりして見つからず。
ただ、その辺のシリーズはさすがに売り切れて氏の手元にも残ってなかったので、僕も手に入れてません。


いや、あれだけ活躍されてた方なのに、もはや伝説のアーティストみたいな感じに・・・。
しかし、このTシャツ、以前自分が絵画の授業で教えてる保育園に着ていったところ、そこの先生に「なんかジャズっぽいですね」と、何も説明してないのに言われた事がありました。
名前や説明なくてもしっかり伝わるんですな。


と、Tシャツの話から噂のアーティストの話をおぼろげな記憶だけで話してたのですが、このタイミングでなんと!
その噂のアーティスト、ムラギしさんが一日だけの展覧会を開催されます!


ムラギしマナヴ個展「NO SHELTER」


開催日:2014年5月25日(日)
時間:10:00〜18:00
場所:IDギャラリー(京都市中京区夷川通 寺町西入南側)


です。
氏の得意技、絵画やコラージュによる展覧会のようです。


ということで、おぼろげな印象のみで語ってしまった(スイマセン)噂のアーティストの真相を、
みなさまの目でぜひお確かめ下さい!

先月はリレーのバトンを落としてしまって申し訳ありませんでした。
・・・で、もう落としたんだから、ここが辞め時。
しれっとフェイドアウトするのが自然な道。さようならキウチさん・・・と行けばいいものの、なんせしつこいのですよ私は。


ということで、先月告知させていただいたW個展は無事終了しました。
ありがとうございました。


4月ですし、新年度ですし、新生活・・・といきたいとこですが、諸々現状維持。
なのでTシャツネタのまま、今年もシリーズ開幕いたします。


今回はサブタイトルが「わが道をゆく」なので、こちらのTシャツを紹介。


wagamit.JPG


友人が沖縄土産で買ってきてくれたTシャツ。
中央に文字通り「我道」と書いてあります・・・ってこれ、前々々回くらいに紹介したやつやん!
しもた、なんでこのTシャツをこのタイトルの時に取っておかへんかったんや・・・。
相変わらずの行き当たりばったり、無計画なブログリレー進行がアラワになってしまいましたな。アラワワワ・・。


と言いつつ、Tシャツなんて大抵、無計画に購入するもんで、大半が出会い頭に購入したもの。
服で計画的に購入するのは冠婚葬祭の礼服とか、寒さや暑さに対するものくらいですか。
その点、僕がここで取り上げるようなTシャツはその対極に位置する感じです。


そんな中、一番最新の出会い頭購入したTシャツがこちら。


imawatat1.JPG


「続・木内貴志とその時代〜さようならキウチさん〜」の個展会場でもおなじみのgallery PARCで購入したTシャツ。
今年2月に同会場で行われた、展覧会と舞台公演をミックスしたような催しの
「今あなたが「わたし」と指差した方向の行く先を探すことIII」
の会場で売られてたものです。


この展覧会で、参加者のメンバーさんがそれぞれTシャツをデザインして販売をされてました。
数種類あって、どれもしっかり作られたTシャツだったのですが、値段が¥1000という安価でもあったので、つい購入してしまいました。(どの方のデザインだったかは忘れてしまいました、スイマセン)


なんとなくデザインが気に入ったんで買ったのですが、どっかで観たような・・・あ、これかな?


18kin1.jpg


自作でも使った「18禁マーク」に似てる・・・と思ったけど、違いました。
よく見ればこれはピンクの遺影、なんですな。
こりゃまた、さようならキウチさんですか。ちーん。


imawatat3.JPG


背中には展覧会タイトルが。
言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい自信だ、的な文言ですな。


ということで、昨日までのわたしとさようならしたかったけどまた帰ってきて、そしてとりあえずわが道の方向の行き先を探さざるを得ない、というややこしい感じの春です。
(要するに、襟裳岬。今年も何も無い春です〜)



このページの一番上へ