アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

route.JPG


この&ARTブログリレーが始まったのが2009年だそうです。
最後のブログリレーを書くにあたり、
5年の軌跡を懐かしく振り返っていました。


私がリレーに参加させていただいたのは、2010年8月からでしたが、
私が退職して作家のお仕事をメインに始めたのは2009年。
なので、2009年は自分にとっても人生の大きな節目でした。


あれから5年。
今はのんびりペースでやっています。
スケジュール一杯に展覧会を詰め込んだ日々を経て、
発表のペースを減らし、制作時間に重きを置く日々を過ごしています。
今は外側に発信する事よりも内側を掘り下げていく事に一生懸命です。
1つの作品を作るのにもじっくり長く時間を取って、
それらが形になった時に発表したいなと考えています。
5年がむしゃらに走ってきて、今そう思っています。


「何をやるにも5年続けなければならない。」
というのは父の言葉。
どんな事も最低5年位やらないと物にならない。
5年やってみて、そこから次へのステップを考える。
というような事を言っていました。
5年って良い区切りなんだと私も思います。


&ARTのブログリレーも5年をもって終了する事になり、
とても寂しく感じていますが、
たくさんの作家さんの制作の日々を垣間見させていただき楽しかったです。
この機会をいただけた事に感謝します。
読んでくださっていた皆様にも。


ありがとうございました。

先日、アラスカへ旅してきました。
思春期の頃読んだ星野道夫さんの著書。
アラスカへの憧れはその頃から沁みついていました。


一番の目的はオーロラを見る事でしたが、残念ながら今回は見る事ができませんでした。
が、氷河や野生動物を見て、少しづつ宝物を集めるように夢が叶う感じがしました。


ズズズ...と地鳴りを立てて崩れる氷山を船から見た時、
太古から押し寄せる大きなものに、体の奥底を揺さぶられるようでした。
ice.JPG


デナリ国立公園では、野生のグリズリーを見ました。
こちらに向かって走ってくる様は、
本当に生き生きと無邪気で、
これが本来の動物の姿なんだなぁと嬉しくなりました。
glizli.JPG


白夜が残るアラスカは、完全に陽が落ちる事はなく、
夜までの長い時間、落ちる事のない夕日を眺めていました。
この世の音が全て消滅してしまったんではないかという位の静けさの中で、
風の音だけが作り物のように聴こえてきて、
日常の細々した悩みも一緒に吹き去りました。
alaska.JPG


飛行機から見た山々は、雪と氷河に覆われ、
神様が作っている途中の地上を見るようでした。
アラスカの愛称は"ラストフロンティア"。
人の知らない場所がまだまだ残っています。
glacier.JPG


この旅が次の絵のテーマの材料になればいいな、
なんて小さな希望をもってむかった旅でしたが、
アラスカという大自然の中で様々な気づきに出会えて、
絵だけでなく、生きる事そのものに焦点を当てる事ができた旅でした。

マヤルカ古書店さんで開催中の"ヨーロッパまつり"に行ってきました。
ちょっと東寄りのヨーロッパの品々が集まってます。
ヨーロッパまつり詳細


pict.JPG


店主のハバロフスク旅写真。
風景も人も写真の色も全て味があって懐かしい感じがするのが不思議。
そして店主の一言メッセージで思わず吹いてしまいます。
間違い探しのようにおかしな点をぜひ探して欲しいです。


mol.JPG


モール人形達。工場がなくなっちゃうからそのうち買えなくなっちゃうとか...絶滅危惧種。
ずっと見つめてたら連れ帰れずにはいられない哀愁が漂っています。
会場に流れてる音楽もその気分を盛り上げてくれます。


book.JPG


絵本もたくさん。
かわいくないけど不思議な魅力があるキャラクターに、
色彩がやっぱり独特で、喜怒哀楽が混じったというか、色だけで感情が伝わってくるようです。
文字読めなくても。伝わる。間違ってるかもだけど。それもまた楽し。


doll.JPG


イスクラさんの雑貨達。
この懐かしさはなんだろうか〜。
優しい香りの香水を買いました。


DMtou.jpg


私はDMのデザインを担当しました。


mato.JPG


マトリョーシカストラップも販売してもらってます。
初のペリメニ柄、ボルシチ柄、ピロシキ柄...とロシア物も投入してます。
指人形にもなるドイツ人形セットも。


こんな感じで、ヨーロッパへ小旅行した気分を味わえます。
かわいいだけじゃない、哀愁漂うこの世界観がたまらなく好きでした。

先月初めてマトリョーシカではなく、絵画のワークショップに挑戦しました。
先日のライブペイントで短時間で絵を描くという事に向けて試行錯誤した事を、
そのままWSに活かせそうだなぁと気づき開催に至りました。


Kolaju.jpg


まずは下地。ここは各自に描いてもらいます。
とはいえ筆は使わず、ナイフを使って好きな色を重ねていくだけなので簡単。
あとは、小さなフレームに収まるように、下地で気に入った部分を切り取ります。
ポイントになる顔や手等のオブジェは、
私の作品のパーツをプリントアウト&カットしたものを自由に貼付けてもらいます。
WSView.jpg


で、完成。
参加された方みなさん、普段から絵を描く事はないそうなのですが力作揃い!↓
WSPict.jpg


自分の想像の世界を表現するのには、技術や鍛錬は不可欠なようにも思えますが、
それが絵を描くという事の敷居の高さでネックになる部分。
でもこちらで最大限用意すれば、本来持ってる色彩や配置のセンスだけで、
色々と表現は可能なのだなぁと改めて実感しました。
子供から年配の方まで、絵が苦手という方にも楽しんでもらえるワークショップ。
ずっと試したかった事が実践できて、なにより嬉しかったです。


そして久々作品を展示する機会があります。
東京の日本橋三越にて10/23〜29「オモヒデザイン」という工芸中心の展覧会に参加します。
私はマトリョーシカ、コケシ、絵画、絵本を展示販売予定です。
会場での公開制作、ワークショップも予定してます。 → 詳細


そして委託での展示販売になりますが色々参加します。
・「不思議の国のアリス期間限定ショップ」10/9〜15 → 詳細
・「小さなこけし市」10/19 → 詳細

operettaHP.jpg


イタリアの靴ブランド"OPERETTA"のビジュアルイメージを描きました。
トップページの今期コレクションのメインビジュアル、
[collezione](商品一覧ページ)に靴のイラストになります。
OPERETTAのHP


メインビジュアルはほぼいつも通りに描いたのですが、
「靴の絵を描く」というのは、自分にとって中々難しい事でした。
実在するものをあまり形を崩さずに、
だけど写実ではなく自分の持ち味も入れつつ...の匙加減が難しく、
それは料理で中々味が決まらなくて塩を入れては味見の繰り返し。といった感じでした。


operettaさんは丁寧に何度もチェックしてくださり、
トライ&エラーを繰り返して、やっと形になりました。
相手の頭の中を覗く事はできないけど、何度もやりとりを重ねる事で、
うっすらと見える瞬間があり...これはもう国語だなと思いました。


普段心の中にあるものを好き勝手描いてる私にとって、
難しさが倍増しますが、完成した時の喜びもまた倍増でした。
ここしばらく1人で完結する仕事が続いたので、
完成した時に一緒に喜ぶ人がいるのはいいなぁと
OL時代をほんのり思い出していました。


9/11-13に東京の"rooms"という
"H.P.FRANCE"主催の展示会(ブースY-20)に出展されるそうです。
バイヤー、プレス向けの展示会で一般のお客様は入れないそうなのですが、
今後の展開を今からとても楽しみにしています。
roomsのHP

先日ライブペイントを久々にやりました。


渡辺シュンスケ[Schroeder-Headz、cafelon] × 林勇気(映像作家)
桜井まみ × いちかわともこ(画家)
ゆーきゃん × 足田メロウ(画家)
coordinate by &ART
...という、とても&ARTなイベント。


出演者みな違う音、色、思いを持っていて、
ぶつかったり、とけたり、重なったり、
その様自体がひとつの映像作品のようでした。
リアルタイムで作品が生まれてゆくのを見れるのは楽しい。
なんだか生命力に満ちたイベント、楽しかった。心から。
関わってくださった全ての方に感謝です。


Opening.jpg
↑どこかに林さんの作品の断片が...!2個!あります。


Nemimi.jpg


実は、ライブペイント久々すぎて怖くなり家で練習していきました。
練習なんてしない方が面白いものができるかもしれないのですが、
アドリブでやるには準備がなさすぎてさすがに...。


そしてライブは終わりましたが、練習は今も続けてます。
始めに無心で色を重ね、その後は音に合わせて、
ある程度意識的に絵をコントロールして完成までもっていく。
時間は3〜5分程度。
これは毎日少しづつ続けるのにちょうどよくて
アスリートでいう所の筋トレのようなものになりうるかな。と思い。
展覧会に発表するための作品作りとは違う、実験と考察。
この中から新しい表現も生まれるだろうという期待を込めて。

関東でお世話になってるお店"moln"、"白白庵"がリニューアルオープンされました。
新しいお店でどんな風に置かれてるか見ておきたくて、
ちょっと遠いけど関東へ。
お店の空気を肌で感じて、その中で自分はどういう作品を打ち出していくか。
展覧会ではありませんが、これも小さな展示みたいだなぁと。


白白庵↓
PakuKokeshi.jpg

moln↓
molnnew.jpg


もう1つの楽しみは、横浜で高木正勝さんの"うたがき"を観に。
スクリーンに囲まれて床に寝っころがって音楽と映像に身を浸す
...高木さんの世界に沐浴...そんな感じ。
自分の中の細胞がひとつひとつ目覚めてゆくようでした。


そして告知いろいろ...


6/23(日)【スーフルフルフル縁日】
食堂スーフルでの古本市関連イベントで、マヤルカ古書店さんと縁日開催。
当日私も手作り景品を持って会場でマヤルカさんとお待ちしてます。
http://d.hatena.ne.jp/ichi375/20130607/1370560913


7/7(日)【なつのわだち】
ウーララでのイベント。
私は、桜井まみさんの音楽に合わせてライブペイントします。
http://www.andart.jp/artist/ashida_mellow/schedule/20130614_1202.php


7/10〜16【Little Wondeland】
阪急梅田スークのアリスのイベント。グッズを販売。
http://aliceexhibition.web.fc2.com/


今年は個展ひかえめ、イベント色々。
毎年静かに過ごす夏...今年はいつになく賑やか...。



このページの一番上へ