アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

安堵、嗚呼と。

エ〜既にお気づきの方もおられるでしょうが、このブログリレーは今月で終了となりました。
まあ多くの方々にはどうでもいいことでしょうけども。


僕が説明するのもなんですが、そもそもここのブログは、&ARTで取り上げたアーティストが毎月決まった日にブログを更新することにより毎日新しいブログが読めるというものを目指したもの、だったと思います。
で、僕は毎月22日担当だったのでその約束通りブログ書いて更新してたわけなんですが、当初はその企画通り他のアーティストの方々もブログアップして賑わってたものの、気がつけばここのところは律儀なアーティストさん数人だけでまわしてたリレーだったので、やはりこれが潮時ですね。
ちょっと決断が遅いくらいかと思いますが、終了は仕方なしですな。


そして最終日を書くようにご指名いただきましたので、ここにこうしてアップした次第であります。


そもそもは、担当者との約束だけの、金銭やら契約やらといった縛りのないものだったので、「毎月更新」というノルマ的なものが無くなって行くのは必然だったかと思いますが、そんな中、自慢じゃないですが毎月更新させていただきました。・・・まあ、内容の善し悪しついてはさておき。


僕が何故そんなに執着して毎月アップしていたかというと、ブログ書くのが嫌いじゃない(←素直に好きって言えよ)というだけではなく、自分の中のちょっとした「京都人あるある」に対する抗い、的なとこもありました。


昔から、京都以外の方が
「京都の人は飲み屋なんかで、『アレやろうコレやろう!』と盛り上がるけど、実現することがほとんどない」
というような旨を言ってるのをよく耳にしてたのですが、それに関してはいつも「ああ、そうやな〜」と思ってました。
かく言う私もたいていそんな感じなんです。
これに関しては別に京都人に限ったことではなく個人の問題だとは思いますが、そんな風潮に自分も浸かっていつまでも口ばかりズムではいかん、という思いがあって、こういう「男の約束」なものはできるだけ自分からサジを投げないで続けよう、という気持ちがあったのです。


さらにインターネットというのは、その「口ばかりズム」的なものがやりっ放しでそもまま不様に漂う状態になりガチメディアなので、余計に執着心を持ったのかも知れません。


そして、最初はマメに書いてたアーティストが少しづつフェイドアウトすればするほど、俄然こちらは火がついて、ネタが枯渇しても歯磨き粉のチューブをスプーンのヘラで押し出すごとく・・・あ、そこはアーティストなら絵の具のチューブで例えた方がいいかしら?・・・とにかく絞り出してはアップしてたという感じです。


言ってみれば意地を維持してきたという感じだったので、今回の「終了通達」メールがきた時は、嗚呼と安堵したというのが本音です。


と、前置きはこのくらいにして(ってまだ前置きやったんかい!)最後のお題、「ここ5年」ですね。


ここ5年で買ったTシャツと言えば・・・とTシャツで綴る5年を、とも思いましたが、やっぱもうTシャツの話は最後なのでやめます。ですので、「Tシャツじゃつらいよ」シリーズは前回で終了します。(どっかで再開あるかもですが)
とりあえず美術作家としての私の5年を軽く振り返ってみます。


ちょうどこの&ARTで取り上げてもらえるきっかけとなったのがこの「放課後の展覧会」(2009)という展覧会。


それから5年・・・いまだにこの時の栄光をシガミながらやってます・・ってあかんがな!


その後はおかげさまで色々な所で発表させてもらえたり交流していただいたりして、大きな怪我もなく、無事にやっております。
お金のための仕事も、配達業の方は15年目、保育園お絵描きは10年目。
それを思えばブログリレーなんて大した年数ではないですな。


まあ、僕みたいな京都のドブ板の裏の虫的な美術作家でも、それなりに続けてたらそれなりに認知していただいたという5年でした。「美しい方は美しく、そうでない方はそれなりに」という感じです。


そんなワケで、泣いても笑ってももうリレーは最終回。
冒頭でいろいろ書きましたが、ノーギャラでもしつこく書いてたらギャラのあるブログ仕事をまわしてくれたり皆勤賞くれたりした担当Nくんには大変感謝しております。


また&ART周辺は冒頭の「京都あるある」に易々とハマることもなく、飲み会での盛り上がりから立ち上がった「MOVING」も、(その飲み会に参加してたにも関わらず僕に作家として一切声をかけないところを除けば!)素晴らしい展開を見せて下さってます。


そんな盛り上がりを横目に、妬み嫉みを燃料として燃やしながら僕もなんやかんややっていきたいと思いますので、引き続き&ARTをよろしくお願いします。
・・・あ、「なんやかんや」って何?という質問は受け付けませんが、「なんやかんや」がどうしても気になるかたは以後、こちらのブログ等をチェックしてみて下さい。
気が向いたらTシャツはつらいよの再開もあるかもです。


kutibakari2.jpg


「口ばかりズムの図」木内貴志 2014


では、皆様お疲れさまでした!アディオスアミーゴ!

  • トラックバック(0)
  • コメント(0)

この記事へのトラックバックURL

http://www.andart.jp/mt/mt-tb.cgi/1366

コメントを入力する

 ※必須

 ※必須




このページの一番上へ