アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

私の5年、&ARTの5年

初めて書いたブログリレーの記事が2009年の10月。
かれこれ5年です。
僕の場合ブログリレーに関しては、書いたり書かなかったりと気まぐれな更新でしたが...、
なんと、これで書き納めです。(いざとなると少しさみしい。。)
なんと、ブログリレーは10月で終了してしまうのです。(&ARTのサイトは続きますよ☆)
というわけで、この5年を少し振り返ったりしてみようかと思います。


2009年の10月といえば、個人的にはちょうど結婚した時であります。
2007年に大学院を出てしばらくの間は、仕事と制作のバランスや切り替えが難しく、「制作を続ける」ということ自体がけっこう大変だったのですが、段々それにも慣れてきて、制作すること自体はできるなー、という頃でもありました。
そのような中で、結婚をして、引っ越しをして、クルマを買い替えて、と僕を取り巻く、生活の諸々がまた激しく変化していきました。
環境の変化という意味では、2012年に子どもができたことも大きな変化の一つです。僕の中の価値観みたいなものも少し変化したように思います。
まあ、誰でも5年の間には色々あるとは思いますが、思い返せばバタバタとしながらも充実した5年間でした。
そして制作環境はついては、常に変化していっていく方が良いのかもしれないなあ、と最近になって思えて来ました。まっただ中にいる時はとてもそんなことを思う余裕は無いのですが。。


さて、具体的にこの5年間で、個展やたくさんのグループ展に参加させていただきましたが、印象深いものをふたつあげてみようと思います。


まずひとつは、百貨店での展示。
作品の内容に関してももちろんそうなのですが、どこで作品を発表するかというのは作家にとっては自分の立ち位置を示す重要なポイントの一つです。現在のアートマーケットみたいなのを見ると作品の販売は百貨店だけが担っているわけではもちろんないのですが、僕の場合「作品を売る」ということを強く意識させてもらった機会になりました。


そして、もうひとつはそれとはまったく別のベクトルの高尾小フェス。
基本的には有料イベントなので、まったく別というのは違うかもしれませんが。
高尾小フェスでは、自身が作家という立場以外に、他の作家さんに声をかけて出品を依頼したりと実行委員の役割をしています。自分の作品(絵画)を作るのとはまた別のスケールでのモノ作りをしている感じで、ちなみに今も次回のフェスを画策中です。


このふたつは僕の作家としてのやりたいことを象徴しているように思えたので、ピックアップしてみました。まだどちらも発展途上という感じではあるのですが、やるべきこと、自分の成長すべき部分というのは比較的はっきりしているように思います。
この5年間で、見つけた自身のやるべき方向性をこれからの5年間でどれだけ伸ばしていけるか、というのが今後の勝負どころかな、と。そんなふうにして30代を駆け抜けることができれば良いなと思います。


そんなことを目標に掲げつつ。
個人的にはつたない文章、途切れ途切れの更新でほんとに申し訳なかったですが、読んでくださっていた皆さま、本当にありがとうございました。
また、こちらも途切れ途切れではあるのですが、僕の個人ブログは引き続きやっていきますので、そちらもよろしくどうぞ。
それではまた☆

  • トラックバック(0)
  • コメント(0)

この記事へのトラックバックURL

http://www.andart.jp/mt/mt-tb.cgi/1365

コメントを入力する

 ※必須

 ※必須




このページの一番上へ