アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

mama!milkの2013年。

ラジオの天気予報に、いつからこんなに耳を澄ますようになったのでしょう。
金沢が雪と聞けば、あの白いお店の凛とした佇まいを思い、
盛岡が氷点下と聞けば、あの人のお店の前の大きなイチョウの梢を思い、
パリが雨だと聞けば、ちょっと物憂げなあの人を思い、
沖縄の最高気温が20℃をきったと聞けば、半袖シャツで「寒い寒い」と怒っているあの人を思ったり。

今年も、色々な場で演奏させていただきました。
音を奏でることに無我夢中で、あっという間に1年がたってしまったように感じていましたけれど、振り返ると、あの街やこの街で過ごした時間が、とても心地良い液体のように、あたたかく私の中を満たすばかり。
そんな余韻の中で聞く、各地の天気予報が楽しい年の瀬です。

そう、今年の資生堂マジョリカ・マジョルカの10周年展は、私にも感慨深い出来事でした。
ブランドの音楽を作ってゆく時の、折々のディレクターさんとの作業や、映像作品が仕上がった時の感激や、大変だったことも懐かしく思いおこされました。

今年は、mama!milkのアルバムを作ったり、白井晃さん演出の舞台「オセロ」の音楽を担当させていただいたことも、大きなことでした。勉強することばかりで、目がまわりそうでしたけれど、やっぱり、来年も、再来年も、こんなふうに音を奏でてゆくのでしょうね。

今日は、明日の演奏会のために、高知に来ています。
只今「蛸蔵」で、terzo tempoの佐野さん、タケムラデザインアンドプランニングの竹村さんと、mama!milkの清水が、sonihouseの鶴林さんと、あのスピーカーの設営などしています。
私は明日の演奏のために、こうして本年を振りかえってみたり。

京都では、12月22日の日曜日の夜のはじまりに「flowing KARASUMA」で本年最後の演奏をさせていただきます。
2013年もあと少し。
今年も1年間、本当にありがとうございました。
たくさんの感謝をこめて。
皆さまの健康を、心から願いながら。

かしこ
祐子
mama!milk
高知のホテルにて。
  • トラックバック(0)
  • コメント(0)

この記事へのトラックバックURL

http://www.andart.jp/mt/mt-tb.cgi/1282

コメントを入力する

 ※必須

 ※必須




このページの一番上へ