アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

おぼんに実家へ帰省。

お墓参りも行かないとなんか気持ち悪い気がするくらい習慣づいてしまいました。
信心深いわけではないのですがね。実家から離れるとなぜか気になります。
文化というものですかね。


今年のお盆は、特に予定を決めず(毎回あんまり予定をたてていませんが)取り敢えず撮影機材を持って帰省。


1日母親の車が空いている日があったので、機材を積み込んで撮影へ。


地元の海岸の堤防を走り、気になれば止めて、また走りという感じで気長に運転。
もう何度も訪れて新鮮みもないのに、なぜか目的地を決めていないと海へ行くのは、港町で育った性なのかなと思いつつ。
でも、泳ぎはそれほど得意ではないのですがね。


昼食後は、コンビナートがある地区へ。
工場萌えの聖地。四日市コンビナート。
いつできるのかわからない、橋の下で車を止めて、昼寝。


なんと言うか、無駄な時間の使い方だと思われても仕方ないのですが、こういう時間はとても必要こと。


作家になろうと思って、とにかく作り続けることを心に決めた20代前半。
誰しもが経験する、不安の中で制作するのは、ある意味良い刺激だったと今はそう思えるようになった。
今も不安はあるけど、その不安はまた別のかたちの不安。また、その不安を冷静に見ている部分も。


そんなことを考えながら車を走らせて風景を見ると、意外となんかスッキリと。
それは魚を釣ることよりも、釣りをしている時間が好きな人がいるように。


時間を感じる時間。


だから「釣り人」と呼ばれても、仕方がないですね(笑


そんな一日の終わりに、ハッとする光景に巡り会う。
何でも無い、日常の光景なんですがね。
不思議なもんです。ほんと。

denenmichi.jpg

今さら書くまでのこともないですが、夏い。
いやさ、暑い。ですね。


バカンスも何もなく、挙げ句職場の冷房まで故障して、もうどうしようもないです。
そんな中のブログリレーです。
様々なレジャーのお誘いや、瀬戸内行き、ベネチア行きもキャンセルして、ブログリレーの〆切に追われてます。
いや、なかなか無いんです。Tシャツネタが。夏なのに・・・。


そういえば案外Tシャツはシーズンオフのワゴンセールなんかに手を出すことが多くて、真夏に買いまくるということもないな〜と気付きました。
そして「そもそも、バカンスの話も始めから無かったのよ」・・・というセリフとともに寝汗で目覚め。
「冷房が壊れてる」というのだけは夢ではなく現実な職場へ向かう日々。


ということでネタも何もなく、ああ、今度こそブログリレーのバトンを落とす時が来たか。
さよなら皆勤賞。さよなら図書カード・・・。


と、クヨクヨしてないで飛び出せ!見失う前に!
ってことで、スーパーカブにまたがり京都を西へ。
京都水族館の真ん前にある、その場所の名は「trace」へ!


「trace」は美術作家、ヤンチこと山口和也さんがこの春立ち上げられたスペース。
そこで現在、「飛び出せ-見失う前に」コレクション展というのが行われてます。


これは山口さんが「yncci」という名義で、「飛び出し注意」の看板をモチーフにしたグッズを展示販売されているもの。
メインは何と言ってもTシャツ!


tracet1.JPG


こちらがTシャツ販売の様子。
画像ではわかりにくいですが、もともとこういう↓看板をモチーフに作られてます。


tracet2.JPG


実際にあったものだそうですが、こちらはどちらかというと「飛び出し娘」ですね。


その昔、山口さんはこのモチーフのTシャツオンリーで週末にTシャツ屋をやられてたことがあり、シャツの素材からサイズまで細かく試行錯誤の末に完成されたものです。


で、前々から欲しいな〜と思ってたんですが、なんやなんやで買えてなかったので、満を持して(?)購入しました。


tracet3.JPG


早速着用。
こちらはニューヨークのアーティスト、アレックスさん(アレクサンダー空海篠原さん)とヤンチさんのコラボT。
Tシャツはオリジナルの箱に入れられていて、中には2人の生写真(今どき!)とカセットテープ(こちらも今どき!)も入ってます。カセットにはアレックスさんのラップとヤンチさんのトークが入ってるとか。(こちらはまだ聴いてません)


ということで、4年越しくらいでようやく購入できました。
ワゴンセール等ではなく、豪華セットのTシャツです。


・・・んで、家に帰って「そういえば飛び出し坊やのTシャツ持ってた気が・・」と思い出し探してみると・・。ありました!


kaerut.JPG


けど、坊やじゃなくてカエルでした。
みうらじゅんさんの飛び出しカエル注意Tシャツでした。


ということで、見失う前に飛び出したおかげでブログリレーもまた更新できました。
図書カードまで引き続きまっしぐら!です。


・・・とか言っても現実はまたクーラーの壊れた職場のライダー。
バカンスの白昼夢見ながら飛び出して轢かれてぺちゃんこのカエルみたいにならないように。
今後も石橋を叩きながら慎重に飛び出すようにします。


ということで、今回紹介したtraceでの「飛び出せ-見失う前に」コレクション展は
2013年8月17日(土)〜 9月5日(木)まで。
時間は12:00〜18:00 月曜休業 入場無料です。

詳しくはこちらかこちらで。→ https://www.facebook.com/tracekyoto

この夏の陽射しのきびさしと暑さには、もう辟易してきましたよね。お店や催しなどは涼しくなる夕方からの活動の幅が広がるように1時間 "遅い" サマータイム導入なら良いかと思います。。。なんてのは宵っ張りのたわごとですね・笑。それにしても、お陽さまの光の激しすぎ、熱すぎるのにはもう、閉口して無言になってしまいます。そして、光が無いとものは見えないのだけど、明るすぎると今度は逆にまぶしくて見えないものが出てくるってことが光の不思議なところで、なんだかもう半分目を閉じて白昼夢のような気分になります〜。<いえもう、夏のなまけぶりの言い訳にすぎません〜。


私などはもともと「見る」世界に取り込まれた哀しい性の人間ですが、映像を作る人は、光を見る目でものごとを見るくせもついてます。それはとても美しく切ない瞬間の連続です。とはいえ、光には人がまだ感知できないものがたくさん含まれているということらしいし、この数年で「目に見えないもの」について私たちはうんと考えさせられたと思います。そのため「目に見えないもの」を考察するクリエイションや、そこに光を当てた提示も多く見うけられるようになりました。しかし私たちはもとより、見ようとしなければ見えないものを現す者であります。


さて、夏の暑い間、映画はやはりいつものように観ていました。映画館で椅子にすっぽり体をあずけて、一人で観る。家でゆっくりDVDを観る。この時間はとても重要だと思うし、涼しい場所にこもって、〜なんてほんとうにこの季節向きです。映画館の中には8月15日の終戦の日に合わせた戦争に関する映画のプログラムも垣間見えましたが、最近自分で個人的に家で観たもので印象に残ったものは『アンダーグラウンド』(エミール・クリトリッツァ/1995年/フランス・ドイツ・ハンガリー・ユーゴスラビア・ブルガリア 合作)再見と、『戦場のピアニスト』(ロマン・ポランスキー/2002年/フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス 合作)でした。
『アンダーグラウンド』は春にスロベニアに行ったこともあり、再見しておこうと思いました。というのもスロベニアにおもむく際に、何もこの国のことを知らず、名前を耳にすることもほとんどなかったからなのです。それもそのはずでスロベニアは1991年に旧ユーゴから独立したので、私たちの世代では子供の頃にこの国の名前を耳にすることはなかったのです。その上に公開当時この映画を見た時の自分の理解力の低さもあり--。貴重な実録映像がふんだんに使われ、制御不可能な紛争というものをバカバカしく壮大な映像絵巻として展開しているこの映画が、20世紀の最重要映画のひとつと言われたことの意味を少しずつ知っていく映画体験です。
『戦場のピアニスト』は、先日公開された『ロマン・ポランスキー はじめての告白』(映画監督ロマン・ポランスキーのドキュメンタリー)の中で、「あなたがお墓に持っていくとしたらどの映画ですか?」という質問にポランスキーが「それは『戦場のピアニスト』です」と答えていて、観ていなかったこの映画を観ることにしました。第二次大戦中、ナチスドイツ侵攻下でユダヤ人としてポーランドで生きた実在のピアニストの自伝を映画化したもので、幼少期に似た状況を過ごしたユダヤ人としてのポランスキー自身の体験を重ねています。
20世紀はどんな世紀だったかと思うと、これほど人が人を大量殺戮した世紀は無かったのではないかということ。。。しかし21世紀もまた「見えないところで」何かかが起こっている不安にさいなまれ続けています。見えないものを見ようとする試みは、ますます大事になることは確かです。それとともに、暗闇でしか気づくことが出来ないような、まるで眼の裏側を見るような深層の存在にも立ち止まらなければならないと気づかされるこの頃です。


今週は映画館で『はちみつ色のユン』『クロワッサンで朝食を』『TATSUMI』を観る予定〜。
上記の『ロマン・ポランスキー はじめての告白』もおすすめです。
それからニコラス・レイの『We Can't Go Home Again』と、そのメイキング的なスーザン・レイ(ニコラス・レイの奥さん)による『あまり期待するな』も興味深い映像でした。『あまり期待するな』ではジム・ジャームッシュやビクトル・エリセによるコメントもあってお得感。。。この2本はセットで観るのが良いです。(それにしても「僕らはもう帰れない」(We Can't Go Home Again)というタイトルにもクリエイターにはドキリとするでしょう。やめてもいいのに、やめないんだな、というのが映画を見ててもズキリときましたもの。。。)
なんだか映画宣伝家みたいになってきましたが、私見につき、くれぐれもお読み流しください。。。


今月もちょっとずれた日程で、おもむくままでした。
秋がとにかく待ち遠しい日々です。

operettaHP.jpg


イタリアの靴ブランド"OPERETTA"のビジュアルイメージを描きました。
トップページの今期コレクションのメインビジュアル、
[collezione](商品一覧ページ)に靴のイラストになります。
OPERETTAのHP


メインビジュアルはほぼいつも通りに描いたのですが、
「靴の絵を描く」というのは、自分にとって中々難しい事でした。
実在するものをあまり形を崩さずに、
だけど写実ではなく自分の持ち味も入れつつ...の匙加減が難しく、
それは料理で中々味が決まらなくて塩を入れては味見の繰り返し。といった感じでした。


operettaさんは丁寧に何度もチェックしてくださり、
トライ&エラーを繰り返して、やっと形になりました。
相手の頭の中を覗く事はできないけど、何度もやりとりを重ねる事で、
うっすらと見える瞬間があり...これはもう国語だなと思いました。


普段心の中にあるものを好き勝手描いてる私にとって、
難しさが倍増しますが、完成した時の喜びもまた倍増でした。
ここしばらく1人で完結する仕事が続いたので、
完成した時に一緒に喜ぶ人がいるのはいいなぁと
OL時代をほんのり思い出していました。


9/11-13に東京の"rooms"という
"H.P.FRANCE"主催の展示会(ブースY-20)に出展されるそうです。
バイヤー、プレス向けの展示会で一般のお客様は入れないそうなのですが、
今後の展開を今からとても楽しみにしています。
roomsのHP

とても久しぶりの投稿になり、リレーできなくてごめんなさい。
年始に投稿して以降、パソコンの前にじっといることがなく今日久しぶりにパソコンに向かっています。

年始から8月まで色々とありました。
展示を何度かしたり、展示の下見に豊島直島に遊びに行ったり、、
あと個人的なことでは、伯母さんになったり!東京にいる甥っ子の動画を見て癒されています。生後2ヶ月ほどで寝返りしようと頑張っている姿は心が締め付けられました。3月に東京で展示する予定なので、会えるのが待ち遠しいです。展示に関してはまた追々お知らせします。
あと4月から職場を変えたので、制作時間がかなりタイトになっています。できるはずと頑張ってはいるのですが調子を崩しやすくなってしまい、甘かったなと思いますがなんとか乗り越えたいです。


もうすぐ、瀬戸内海の豊島で"豊島 MEETING art in katayama-tei"という展覧会が始まります。
(詳しくはトップページ展示イベント、のところからリンクしてます)

少し前にブログで触れました。
なんど豊島のことを考えたか分からないくらい考えました。
「豊島」を考えるときは、畦道と生い茂る木とその隙間に海が見えて、
そのあとは豊島のひととプロジェクトに関わるひとたちの顔が目に浮かびます。

この展覧会は2年前に尼崎の旧警察署で展示をしたメンバー等で構成しているのですが、
その時より更に場所への思い入れが今回あるような気がしています。
豊島の歴史や人々を知ろうとする姿勢が強く、それが展示する人や関わっている人からとても感じられます。あと個人的に思うことではありますが、思考するときに海を超えて行くことで思考を一度リセットし島に想いを馳せることが大きく違うところなのかもしれません。


会場である片山邸(泉屋)は江戸末期からの建物で、立派なお屋敷です。
海援隊が訪れたそうで、掛け軸には勝海舟と坂本龍馬が描かれていました。
庭には樹齢700年のソテツ(香川県指定天然記念物)があり、見事です。
そんなお屋敷の中に、数々の制作物が配置されるのが楽しみです。
また会期中は豊島の食材を使ったカフェが開くので休憩して下さい。(これが楽しみ)

そして豊島には豊島美術館や最近できた横尾忠則美術館、あと瀬戸内トリエンナーレの会場でもありとても充実した作品があります。
夏の豊島は色彩のコントラストが更に強くて、きっといい時間になるような気がしています。
とても楽しみです、夏に時間があるかたは是非豊島に行ってみて下さい。
島を訪れるひとつのきっかけになると嬉しいです。

teshima.jpg

10月に大阪で個展をします。
今はその展示に向けて制作中です。
大阪で展示をする機会は今まで何度かありましたが、個展をさせて頂くのは初めてです。
夏をちゃんと乗り越えて、充実した内容になるようにしたいと思います。

それではまた!

去年は私にとって、いつもより外に向けた一年だった気がします。
とにかく出来るだけ動いてみよう、作品を通して人と関わろう、もっと刺激を受けよう、そんなことを思いながら取り組んでおり、発表の機会も例年に比べて多かったと思います。


今年はまったく逆で、なるべく内にこもるような日々を過ごしています。出来るだけひっそりと、作品と一対一で向き合うところからまた始めたいと思ったからです。発表の回数をしぼり、展覧会を観に行ったりすることもほとんどなく、人にもあまり会っていません。

時折、これでいいのかなと不安になる時もあります。他の作家さん達の展覧会のお知らせを頂いたり、面白そうなイベントの情報を見るたび、自分が何もしてないような気がして来ます。
また、作品を一定期間誰にも見せていないと反応が全く分からないので、「これって本当に面白いのかな?」という疑問が湧いて来たりもします。
絵と全く関係のない仕事関係の人としかほぼ関わっていないので、私を作家と思う人はほとんど居ないんだろうなーと、自分が何をしている人間なのか自分でも分からなくなったりすることも...。(これは以前からですが。。)


でも今のこの状態は、自分にとってとても意味があるもののような気がしています。何かを得れない、ということを得ているというか。言い方が変ですが。。
あと、実はこういうやり方というか立ち位置が、いちばん性に合っているのかもしれないとも思います。
遠く離れたところ、あるいは海の底みたいな静かな場所で、ひっそりと絵を描き続けている。でも、絵の向こう側にその先があって、ひらいた場所へ続いているような。
10月には個展があるので、その時は久しぶりに山から街へ降りるような心境です。


制作をすること、発表をすること。どういった取り組み方が自分にとって正解なのか、未だに分かりません。そもそも正解なんてないものだと思いますし、自分に合ったやり方をするのが一番だとは思いますが、それすらもなかなか分からないし、また思い通りに出来るほど甘くもありません。
それでも今後も試行錯誤して、向き合い方を変えながらもやって行くのだろうなと思います。
少し気が早いけれど、来年の自分はどんな取り組みをしているのかな...と我ながらちょっと気になります。


atorie.JPG

どうも。今月は先月に続きブログを書いております。
毎回書き出しが、久しぶりだのなんだのと、そんなことばかりですいません。
さて、先月の木内さんのブログで「バトン」というものを託されてしまったので「高尾小フェス2013」のことを中心に書いていこうかと思います。


まずは、「高尾小フェス」とはなんだ?というところから。
一言でいうと「音楽と美術のフェス」です。
去年に引き続き、今年で2回目の開催となります。(今回の開催は8月11日です)
高尾というのは、京都府の最南端に位置する京都府下唯一の「村」である南山城村の高尾地区のことで、そこにある旧高尾小学校を舞台にした「フェス」です。


音楽と美術が融合するのかしないのか、まあこれは企画側がある程度「仕掛ける」部分はあるとしても、基本的にはアーティストの姿勢というか、作風というか、方向性というか、そういうところによるものが大きいと思います。
(ちなみに僕は高尾小フェスの出品作家であり、なおかつ実行委員というやつもやっております。)
音楽と美術とが仲良く足並みを揃えて、っていうふうに無理矢理やってもしょうがないので、それぞれの特性は特性として活かしていければ良いなと、思っております。
さらには、音楽とか美術とか、そういうことばだけではくくれないような横断的なアーティストも参加してます。


そんな中、自分が美術作家として関わっていて思うのは、あくまでも高尾小フェスは1日だけのイベントなので、搬入するやいなやすぐに搬出がやってくるので、これはもったいないなあと思います。中には1日の展示のために、搬入に何日間もかける作家もいるとかいないとか。。
でもまさに参加する美術作家たちは1日で撤去するにはあまりにもったいない展示をしてくれる予感がぷんぷんしてるので、ぜひぜひ見に来てください☆
見ないとそれこそもったいないです。結局、長期間展示するかどうかというより、何人の人に見てもらえるかということの方が重要なので。


それと今回は、高尾小をメイン会場にして、周辺にも少し展示等のイベントスペースを広げているので、南山城村の高尾地区の茶畑が広がる自然の中でのんびりとした時間をすごしてもらえるような感じになると思います。それがまさに副題でもある「時計のいらない夏休み」というやつです。


そんな高尾小フェスについては、ウェブサイトで参加アーティストなどの詳細がご覧いただけます☆


それとここからはフェスとは別件なのですが、フェス終了の約1週間後、京都のKUNST ARZTで「無限の数え方」というグループ展に参加します。
こちらはアーティストの寺岡海さんがキュレーション(兼出品)してくれていて、入澤あづささん、寺岡海さん、松延総司さん、森川阿沙子さん、そして僕の5人による展覧会です。(先月も書きましたが)
それぞれ作風はまったくバラバラのアーティストですが、「無限=世界」に対するアプローチが感じられるアーティストとして寺岡さんが選んでくれています。
こちらもぜひともお越しください☆
詳細はギャラリーのウェブサイトでご覧いただけます☆
KUNST ARZT


そんなこんなで目下追い込み中。(追い込まれ中)
ではまた来月に。


130804_hasegawa.jpg


このページの一番上へ