アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

窮地と金の問題

今月の引用句:「はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり ぢつと手を見る」(石川啄木)


・・・と冒頭から一握の砂の引用です。
夏なのに、しみったれててスイマセン。
木内です。


政界ではこのところ、「政治と金の問題」なんて言葉をちょこちょこ耳にしますが、僕はマサハルとキンには特に一過言あるわけではありません。


ただ、「ゼージとカネ」となると、話は別。
特に「カネ」に関しては、常日頃から、もっと何とかならんもんやろか〜と苦しんでる次第です。


そして、最近では「アートと金」を結びつけた著書なんかも目立ってきていて、
「お金じゃないのよ、芸術は!」という安いロマンや陶酔をぶっ潰す!
的な現実的で経済的な物言いを、あたかも封印されてた何かを解くかのごとく説く人たちが溢れてきてる、と感じたりしてますが、皆様はいかがお考えでしょうか?


そんな中、私も美術界とお金の関係を、自身が見聞きした経験と独自の理論で解いて、今後のアーティストを貧困から救うべくの指南書をば書き上げ、発売し、夢の印税生活でウハウハウハーッ!


・・・なんて思った所で、よく考えたら「売れない・食えない・黒字ない!」の3拍子そろった場末の自称芸術家。
作品で飯、美術で飯、美術飯などはおろか、作品自体が売れた経験もかなり少なく、それ以外の収入(著作物の売り上げ、講演会のギャラ、入場料、スポンサーやパトロンからのお小遣い、社長からの車代、栄養費、架空の資金計上、財団からの助成金、公的資金導入・・・などなど)もほとんど得たことがありません。


んで、冒頭に戻って、ぢっと手を見る・・・。


ジェッソと指サック焼けと郵便配達タコ、絆創膏・・・コレがまあ37歳の夏の現実です。
なああ!こんなハズじゃなかったんです〜、私の設計では。
ああ、ハズい。


ただ、そんな中でもなんとかやりくりし、制作に必要なものを今年は多数購入してます。


silks.JPG


まずは、試しに使った、シルクスクリーン印刷機。
「Tシャツくん」という、自宅で簡単にシルクスクリーン版画ができる代物です。
本格版画職人さんが見たら、
「坊や、こんなオモチャがシルクだって?ふんっ!」
と、鼻で笑われそうな代物です。


また、こちらは超コンパクトなエアブラシキット。


airb.JPG


トラック野郎みたいな風体の、大型吹き付けをやってるごっつい立体作家さんたちが見たら、
「こんなものからエアーが出るのかい?坊や!家帰っておかあちゃんのおっぱいでも吸ってな!」
と、からかわれそうな代物です。


まあ、そうとはいえ、制作に必要なものですから・・・と、思い切って購入したものの、結局上記2つの道具は思ってた効果が得られず、「画材道具仕分け」の対象となってしまいました。
ああ、無駄遣い。


というか、こんな効率の悪い制作してたら、そりゃ黒字はでませんわな。
レンホーさんが見たら、
「あなた自体こそ無駄そのもの!仕分けの対象ですっ!」
なんて、言いそう・・・。


そんなこと書いてたら、今度は現在出品してる完全業者発注作品の請求が、来るー!
「給料の1ヶ月分」でーす。(泣)


まあ、先日完成したばかりの、自身が発起人となって開催した「放課後の展覧会」の図録は、「給料の3ヶ月分」かかってますからな。
そんだけかかっても、作りたかったんだからしょうがない!
結婚指輪の購入をあきらめてでも!・・・と思ったのですが、幸い、結婚相手も婚約予定も無かったのでした〜!


そう、そんな相手は始めから・・・存在しなかったんです・・。(夏だから怪談風に)


結婚しなくても幸い。モテなくて幸い。
そんなこともあるんですな。


だから、金なくて幸い・・・って言っちゃうぞバカヤロー!


・・・って嘘です。
少しでもいいから僕にお金を下さい。お金をぉ〜〜!!


tenome1.jpg


ぢっと手を見てたら、こちらをぢっと見返す、物乞いの眼差しが・・・!
「金くれ〜、金くれ〜っ」って声も聴こえてきたんです!
ギャアアアアーーーッ!


これ、手相占い的にはどないなん?

  • トラックバック(0)
  • コメント(0)

この記事へのトラックバックURL

http://www.andart.jp/mt/mt-tb.cgi/325

コメントを入力する

 ※必須

 ※必須




このページの一番上へ