アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

ウェッ!ブログ

&ART、アーティストブログリレーを御覧の皆様、はじめまして。木内貴志です。
今回から、このリレーに参加させていただくことになりました。
それでは、読んで下さい。木内貴志で「ウェッ!ブログ」
(「CDTV」風に)


というわけで、アラタメマして、木内です。
初めてのブログリレーとなります。よろしくお願いします。
このような、シュッとしててイケテル作家さんたちと御一緒できて、光栄でございます。
どさくさに紛れて勘違いされ、MP(モテポイント)のアップを企んどる次第です。


さて、そんなブログの1回目に何を書こうかと思ったのですが、折角なんで「ブログ」について書いてみたいと思います。


僕は私は俺は筆者は小生は・・・と、まだこちらでの一人称も定まらぬ感じですが、とにかく朕は自身のホームページでもブログをやっております。


キウチグループブログ「場末の車窓から」


これは、自身のホームページの最新情報をニュースとして紹介する為のブログページなのですが、そんなに毎日作家としてニュースがあるでもなく、結果なんとなく日記や妄想等で埋め尽くされてる感じになっております。


まあ、ブログ書くのは嫌いじゃないし(素直に好き♡って言えよ!)特に苦痛でもないので、気がついたらキーボードをカタカタと夢遊病の様に叩いている自分がいます。


ブログを始めたのは1年半くらい前と、数多のブロガーの中ではまだまだルーキーなのですが、ブログ始める前は、昔ちょっと流行っていた「掲示板」を2002年から管理、運営してました。


で、掲示板だから当初は友人知人やゲストとしりあいふれあいわきあいあいあい、と賑やかにやってたのですが、皆、段々大人になったり成長したり別れたり飽きられたり・・・と書き込んでくれる人が次々居なくなって、最終的にはほぼ独り言をつぶやく板、と化しておりました。


こうなると単なる日記なのですが、昔から「日記」は始めても続いたことがありませんでした。
ですが、何故このネット上の書き込みに関しては続けられるのか?


それは、おそらく「誰かに見られている」というのがあるからでしょう。
「見られているかもと思うと、興奮しちゃうっ♡」
というわけでもないのですが、基本、何かを伝えたい欲が強く、思いついたらすぐ言ってしまう美術作家、なもんで、誰にも見せないものにはあまり力が入りませんが、やっぱり他人が見てるかと思うと力も入り、オモロいと思われたい!「ええこと書くやん」と頭ナデナデされたい!なんてて欲求が湧いて、やる気!根気!木内です!となるのかと思われます。


もしかすると、それは「表現というものの根源的な何か」なのかも知れません。
・ ・・ってアホか。
たんなる喋りたガールズ&ボーイズなだけでしょ。


とにかく、そんな感じでその掲示板~ブログだけでなく、一時期はミクシイ日記や展覧会用に別キャラのブログ、最近はツイッターなどにも手を出し、今、僕は俺は私は小生は筆者は・・・なうなうなう!
いよいよ、ウェブログ的なものが自身の実生活を越えて先走るような、妙な感覚に陥ってしまいつつあります。


オエ~ッ! ウエ~ッ! ウェッブログ、であります。


しかしながら、そんな吐き気がしながらも、悪いことばかりではありません。


「他人が見てるかも」ということもあり、やはり文章をわかりやすく、面白く、と、単なる心の吐露みたいなもんにもそれなりにアレンジ等を加え、さらに誤字脱字はないか、間違った使い方や意味や情報はないか?俺は誰かを傷付けてないか?♪シェリー、俺はうまく書けてるか?俺の文章は卑屈じゃないかぁ~、等、再度確認し徹底管理。


四字熟語などは多種多様、千差万別。間違ってないかと疑心暗鬼で挙動不審、奇妙奇天烈摩訶不思議、奇想天外四捨五入、出前迅速落書無用~~~。


と、そういう感じで調べたりなんかしたら、この歳まで知らなかったことや、間違って使っていた言葉やなんかを確認し、とても勉強になっています。


これが、他人に見せるという前提がなければ、御座也になってしまってるかも知れません。僕の場合は。
他人に見せるということにより、よりちゃんとしたものを書こうと努める。


これは、作品制作と同じやね!(決まった~~!・・・てない?)


とにかく、そんな感じでこの歳になって、ブログのおかげで作文の勉強になってる、という昨今であります。


・ ・・と、先日そんな話を年上の女性にしたら、
「あんた中学生かっ!?」
と笑われてしまいました。


今月の引用句:「学問は 尻からぬける ほたるかな」(与謝蕪村)


kiutipakka.jpg

  • トラックバック(0)
  • コメント(0)

この記事へのトラックバックURL

http://www.andart.jp/mt/mt-tb.cgi/169

コメントを入力する

 ※必須

 ※必須




このページの一番上へ