アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

今年もほんとうに残りわずかになってきましたね。
今年は京都で展覧会は少ししかできませんでしたが&artな一年だったように思います。
前回のブログでもふれた様に&artに登録されている
アーティストの方々と展覧会でご一緒したり、共演したり、交流をさせて頂きました。


現在すすんでいる展覧会やプロジェクトにしてもそうですが、
1人では何もできないなあとおもってしまう感謝の日々です。
友人や知人にあたたかい気持ちとご支援を頂きました。
いつもおもっておりますがいつか何かの形でお礼をしたいと考えて。
今年も1年ほんとうにありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


映像も去年以上に広い振幅をもたせることができたように思います。
時間と場所が重層的に重なり場と共振する「overlap」、
写真を切り抜く過程を可視化した「the outline of everything」、
奥へ奥へと進んでいく「the world and fragments of the world」、
原さんと柳本さんのユニット「rimacona」のmusic video、
展示だけでなく、上映、ライブなど提示の方法も広がりました。
今年広げた幅は数年後にいきてくるのではないかと考えています。
来年はプラネタリウムで展覧会をしたいなと考えています。
なんとか実現できればいいのですが。


それでは最後にライブの写真を(村中さん、篠山まちなみアートフェスティバルのライブ写真ください)。
足田メロウさん、たゆたうのにしもとさんも出演されていました、アバンギルドでのオトエホン。
ウエッコさん (ザッハトルテ)と浦朋恵さんとの共演です。
&artに掲載されている、なかもとさん、中比良さんに撮影していただきました。
ありがとうございました。カメラは中比良さんのトイデジカメです。
どの写真をお2人が撮影されたかはあえて内緒にしておきます。


20101230_001b.jpg


20101230_002b.jpg


20101230_003b.jpg


20101230_004b.jpg


20101230_005b.jpg


それではみなさまよいお年をお迎えください!

1.jpg


お世話になっているみなさま、ご無沙汰をしております。
ご連絡出来ずにすみません。


明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。


お会いさせて頂いたことが無いみなさま、はじめまして。


上田順平と申します。ヤキモノにて、制作をしています。
平成22年の九月末より、メキシコにて研修を行っています。


こちらの様子をお送りさせて頂きます。


2.jpg
朝から、マスクマンが朝ご飯を食べていました。
さすがメキシコです。


3.jpg


4.jpg
メキシコの猫も可愛いです。


5.jpg
犬もかわいいです。


6.jpg


7.jpg
有名な死者の日です。
街には骸骨があふれます。


8.JPG
こちらでは、メキシコ料理の食堂にホームステイしています。


9.JPG
僕が大好きなワーゲンビートルもいっぱいです。


現地の子供がもれなく可愛いので写真を撮りまくっているので
すが、ネットに載せるとプライバシーのこともあるので、残念
ですが諦めました。


もし、見たいと言う方は、是非メキシコを訪れて下さい。
本当にめちゃくちゃ可愛いです。


色んな問題もありますが、メキシコはとても面白い国で、現地
にいる日本人の方もみんな面白いです。


また、機会がございましたら、私の作品も見て下さい。
宜しくお願いします。


それでは、また。


10.jpg

皆様こんにちわ(or こんばんわ)


ほんっとうに、師走というのは忙しいものですね。僕の方は12月の下旬に立て続けにやるべき事やイベントがありまして、ようやくおとといから昨日にかけて(12/25-12/26)今年最後のイベントを終えたところです。

そして昨日12/26はヤマガミユキヒロさんの個展の最終日にお邪魔してきました。なんとか滑り込めて本当に良かった。絵画の構図、映像の重ね方が絶妙で、どんどんと画面の中に引き込まれて行く様な心地よさを味合わせていただきました。凄く良い感覚を頂きました。Gallery PARCもとても良い展示空間でした。


そして今日の晩(正確には日付変わって12/28)、舞鶴より北の大地に旅立ちます。いや、すぐ帰ってきますけれども。おそろしいことにこれを書いている深夜2:00時点で全く準備をしていません。データを実家に持ち込んでしなければいけない事も少々あるのでその準備、服詰め忘れ物チェック、部屋掃除、アトリエ掃除、映像取り込み。昼には車で京都の北の方に用事、メール返信も多々残っている、、、うむむむむ、最後の最後まで徹夜コースです。。。


やはり正月は地元の北海道で迎えます。毎年大晦日の夜は小樽の祖母の家で親戚とたらふく美味しいものを食べて、ゆく年来る年をみて、さだまさしをちょっとだけ見て新年を迎えます。


そして僕は新年を迎えたら、寝る前にちょっと窓をあけて、夜の雪景色を見ながらしばれる空気を吸い込みます。これで次の一年を頑張る為の力を取り込める様な気がします。これをする時、やはり僕の故郷は北海道なんだなと強く感じ、気持ちがピリっとすると同時に暖かいものに包まれている気がするのです。


雪がしんしんと降っていたりしたら尚良いですね。そう言う晩は町の灯りは雪雲から地上までの空気中を満たす雪のコロイドに反射し、ぼんやりと暖かく、広く拡散します。何千メートルの高さから自分が立っている高さまで、雪の粒が等しく満たしていると言う事、そしてそれは確かに上空で生まれ、ゆっくりと自分が見ている目の前まで降りて来たのだ、と想像すると、何故か心が満たされます。
それから近くの音も遠くの音も乱反射をして、ぼぉーっと、遠近感の無い、カタマリではなく空気全体に染み渡る様な形で広がります。小さな音は柔らかな僕は昔からこの音を聞くのが大好きです。

きちんと帰省をするようになって以来(学生時代の一時期はしばらく冬に帰っていませんでした)この感覚を呼吸で取り込んで、また京都に戻ることにしています。京都は僕にとっては何かを為すためのフィールドと言う意識、覚悟で居る場所です。そしてそのアウェイ感、マイノリティーのアイデンティティーというものも自分を前に進める大切な原動力として考えています。テンションを保ちつつける為にも、新年に合わせて気持ちをリセットし、再出発するには帰省は大切な行事です。


できればこういった風景をビデオに収められればと思い、カメラも持って一週間ほど帰省します。でも難しいだろうなあ。。既にイメージとしても自分の内的イメージとしても完成しているものは、それを総体として映像に取り込むのは至難の業だと感じます。


タイトルからしてものすごく個人的な記事になってしまいました。。。
舞鶴から日本海をどんぶらこしてきます。なんだか半島が物騒でドキドキするんで無事を祈っていただければ幸いです。


本当は一週間以上逃げ込んでいたいんですが(笑)なかなか諸般の事情が許してくれそうにありません。京都に戻ったら、また皆様宜しくお願い致します。


では皆様、どうぞ安らかな年末を!!良いお年を!!
新年も頑張りましょう!!


宮永亮


こんにちは。
今年も残りあとわずか、月並みですがホントに月日が経つのは早いですね。


個人的に今年は、特に後半にかけて色々ありました。
後先考えない決断というのをしたりして、(まぁ実際今後どうなるかわかったもんじゃないですが...)
今のところ得るものが多く、色々感じたりする事が多い日々です。
人間、少々ピンチな方が頭がよく動くのかもしれません。


今月初め、&ARTの忘年会に出席させていただきました。
ネットやその他諸々で拝見していた方ばかりだったので、
何だか有名人がたくさんいるパーティにこっそり紛れ込んだ様な気分でした。
皆さんとても雰囲気のある方ばかりで、少しだけですが色々な方とお話できて良かった。


ブログの皆勤賞も流石のチョイスでした。
あれ、いつまで続けたらもらえるのかなぁ...(いやらCですか?いやらCですよね!)
頑張って狙ってみます。


そんなこんなで今年もあと少し。今年もたくさんライブをやらせてもらいました。
最後は12/31大晦日にCafe Indepandantsにてカウントダウンパーティにて、
原摩利彦さんの組まれているユニット、rimaconaのサポートギターで出演します。
ソロでのライブもやるかもしれません。(やらないかもしれません)
是非是非お気軽に遊びに来て下さい!


最後に、先日サポートで東京に行って来たのですが、
わたくし(本当に)恥ずかしながら物心ついて初めて新幹線に乗りました。この上なくはしゃぎ回って参りました。
最後は道中たいそう感激した富士山でしめたいと思います!


日本一!Q極に美C!
FUJI01.jpg


ではでは師走という事でこの辺で失礼致します。
皆様、良いお年を!

私は時々、インターネットで自分の名前を「誰か僕の事、ネタにして書いてくれてないかな〜?」何て検索しています。
それをやりだした当初は色々と記事なんか見つけて、褒めてくれてたらニヤニヤ〜なんてやってたのですが、最近では、ほとんど更新されない内容と、ヒットする記事の4割りくらいは「自分で書いた何か」だったりして、やればやるほど、空しさばかりです。(そういうの「エゴサーチ」とか「エゴサーフィン」とか言うみたいですね。最近知りました。)


というわけで、自称「エゴサーファー」、木内です。丘サーファーではありません。


そんなときに、たまに発見するのは、同姓同名の人物のものと、ネット上を漂流物のように漂っている自分でも忘れかけてた記事のようなもの。管理者等が削除しなければ、いつまでもそこに漂ってるんやろか?と思うと、なんとも妙な気分になります。
そのうち、「骨董ブログ」とか出てくるんやろか?
って、「骨董」について書かれてるブログじゃなくて、「懐かしいね〜、このテンプレート」みたいな感じ?


・・・しかし何でしょうかね?
もちろん悪口や否定的なこと書かれてたら、憤慨したり落胆したりするのですが、それでもついこの「ネットで自分探し」をしてしまいます。
これが、若者に流行の「自分探しの旅」てなやつ?
僕はもう40も見えてきてる年齢なのですが。


12月はなんとなくクリスタル・・・じゃなくて、なんとなく寂しさや孤独感が漂う月でもあります。・・・いや、この月に限ったことではないか。


まあ、意外かと思われますが、こう見えて、孤独系(何それ?)だったりするのですよ。


いや、確かに最近は色んなとこに顔出しますし、お呼ばれもしていただきます。
また、自身でも積極的に「会」を主催しなくもないです。


で、ワイワイとしてるのは楽しいのですが、ほら、よくあるでしょう。
その場の会話は右と左で・・(ってこれは思想云々じゃなくて)Aという会話とBという会話で別々に盛り上がってたりするとき。
なんとなく、その中間の位置にいたりして、どちらにも入ってない感じで、どっちにも耳を傾けてしまう。
んで、Aの会話が興味深くて聞きたいと思いつつ、Bの会話の話の細かい間違いに、
「それ、違う〜、『チビドロ』じゃなくて『チミドロ』や〜!金八先生に出て来た暴走族の名前は〜〜!」と訂正を入れたくなり、結局どっち付かず状態で、「あれ?これ僕の誕生会のはずやのに、今、世界の真ん中でポツね〜ん」みたいな感じ。
んで、2品ずつ頼んだ揚げ出し豆腐、どっちに手をつけるかで迷う箸の様な心持ちでやり過ごす・・。


要するに、疎外感ね。


しかし、表現者とは常に孤独なものなのだ。
この孤独に耐えられぬものは、表現者の資格はない!


・・・なんつって〜。格好つけてみたりして〜。
そもそも「表現者の資格」なんて存在しない〜。


まあ、これはかなりの自意識過剰と被害者意識から来ているので、決して周囲の方から特に冷たくされたりしてるわけじゃないのですが、まあ、こう、なんとなく、ふわっと、妙な不安感に取り憑かれるといいますか・・・。
余裕のある時は全体を見渡して鳥の様に居酒屋上空にふわりと浮んで、上から下界の様子を眺めるといいのですがね・・・。
♪この居酒屋で〜翼を広げ〜飛んで〜行きた〜い〜の〜〜


「人見知り」とか「気にしすぎる人」なんかはこういう場が一番面倒くさいと思うのですが、言うなればそれも自意識過剰の裏返し。君のことなんて、そんなに気にしてませんよ。いい意味でも。悪い意味でも。


そう、私は私である前に、宇宙の、太陽系の、地球の、アジアの、日本の、関西の、京都の、(以下細部はプラーベトなので秘密♡)たんなる人である。そう、たんなる、そのへんの、人。たんひと。たんびと。たんぴと。


そんな人のブログなんて、大して誰も気にしてませんよね〜・・・。


・・・ということで、先月のブログの読者プレゼントは3名様へのプレゼントでしたが、応募が4名様でした。


抽選クジ作って待ってましたが、クジ必要なしでした。(御一人はクイズ自体間違えておられた模様)
結果、「ほぼ応募者全員プレゼント」となりました。
トホホのホーーーーッ!


・・・ま、「定員割れ」しなくてよかった、と思うべきですな。


しかし、何書いてんのやろね?私。年末に。
自分でも自分が何したいのか、わからなくなって来ました。


というわけで、もう40も近い歳ですが、若者に流行の「自分探しの旅」にでも行こうかと思います。
とりあえず、出かけてみます。
あ、わかります。泣かないで!心配しないで下さい。
ちょっと出かけるだけですから、探さないで下さい!(チラチラ後ろ振り返りながら)


・・・え〜〜、あ、要するにですね、書く事が特にないのですね。今月は。
まあ、ある意味毎月そうですが。


そして僕は何処に行くのか?って?
はい、年末年始はバイトに行くだけで〜す。


usakiuchi.jpg


ということで、一足お先にうさモード。
但し、「赤目軽減モード」でお願いしますわ〜。


では、&ART及び「ブログリレー」ファンの皆様、来年もよろしくお願いします〜。


今月の引用句:
「耕すや遠くのラジオは尋ねびと」(寺山修司)

dots・桑折です。
またブログの日がやってきました。
何度も思うことですが、一ヶ月が早いです。
そして、今年最後のブログということで、一年も早いです。


この一年は、小さいものも合わせると、ずっと作品を制作していた一年でした。
そう考えると、良い一年だったのだと思います。
去年行ったことが今年へ、今年やったことが来年へと繋がっていく。
そのような繋がりを実感します。そして、自然にそう思えることは幸福なことです。


作品を世に出すことや、外へと何かしらを発信することで、次への繋がりを期待しても、単発で終わってしまうこともあります。
しかし、その作品も大事なものであることは変わりはありませんし、作る課程で学ぶことは多くあります。


次への繋がりを過剰に期待することを野心と呼んだりもします。
その野心は大きくなりすぎると、とても苦しくなります。
作品が行先を見失ってしまうこともあります。
自分自身すらも見失いかねません。


新しいことに取り組もうとする気概も野心と呼びます。
だから、野心のない作品は魅力がないとも思えます。


このバランスはとても危ういものです。
このバランスがうまく取れない時期も作家ならあるでしょう。
かといって、このようなことは作品を作る作家だけのことでもないですね。
僕にとって今どうなのか、はっきりとしているわけではありませんが、前ほどコッテリしていないように思います。
今後に向けて、自然体で程良い野心が、新鮮なスパイスのように効いた作品が作れたら良いなと思います。


最近、周りにはゴテゴテのコッテリしたものが多いような気がしていて、ちょっと胃もたれ気味です。


それでは、楽しい年末を過ごしてください。
良いお年を!

村川拓也です。
京都で舞台演出を中心に活動しております。
二回目のブログリレーということで4コマyoutubeというものを載せさせていただきます。
一つずつ再生し鑑賞するのではなく、左上から順番に
同時に再生してください。


お願い)・左上、右上、左下、右下の順で再生して下さい。

    ・左下の動画は再生時間が短いので何回かリピートしてご覧下さい。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓









ありがとうございます。

前回のブログリレーで案内しておりました11月の公演につきましては、主催者側の事情で延期になりました。次回は2011年1月末に舞台作品を発表予定ですので、詳細が決まり次第お知らせさせて下さい。

あと、現在『都市日記shinjuku』という作品に関わっております。劇作家・演出家の松田正隆さん(マレビトの会http://www.marebito.org/)の演出で、新宿を題材に地域の中高生とのワークショップを経て、つくられる演劇作品です。こちらの方も是非チェックしてみて下さい。→http://www.waseda.jp/enpaku/event/index.html#other

それでは失礼いたします。

このページの一番上へ