アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

WANDERING PARTY 「total eclipse トータル・エクリプス 」 前回横浜美術館まで見に行きました。僕からも推薦します。
作品の紹介文に「呪術的」と書かれていますが、そう呼ぶにふさわしい会話のリズムと、自嘲的な視点を感じさせる演出が素晴らしく、
エンターテイメント性の強い演劇にうんざりしていた人や、難解過ぎる演劇を受け付けないと思っていた人など、
今まで演劇に疎遠だった人でも楽しめることを保障します。山本麻貴さんの男前な演技にも注目です。


さて、自分の展示も迫っています。9月に元自宅の貸家にて展示をします。
5回目にして最後の貸家展示になります。恐らく案内は200~300くらいしか送りませんので、ご希望の方は中本までご連絡下さい。
通常のギャラリーのような設備が整っていなかったですが、この場所での制作は、
「準備期間などの制約がない状態で作業ができること」が、いかに重要かを再認識する機会となりました。
僕の作品は現場で作り上げた後、「その場で作品が成立するがどうか」という判断をするので、特に重要と感じるのだと思います。
またある程度個性のある空間で、何度も展示をすることは、空間の作り方のバリエーションの習作にもなりました。
期間半年、費用20万以上かけて十人ほどしか来ない事もありましたが、何万人来ていただいた展示と達成感は変わりません。
そういう意味では、「展示においての達成感はどこにあるのか」ということを考えるきっかけにもなりました。
早いタイミングでこういった環境を再開することができればと思っています。


来年には愛知のギャラリーMで個展があります。
約2年半ぶりのギャラリー展示です。その打ち合わせ&細部のサイズの確認のため、今月の24日は愛知に行きました。
名古屋ではなく日進市なので高速バスで名古屋駅から4、50分くらいかかります。


WANDERING PARTYもそうですが、最近は舞台芸術の作品を見に行くことが多いです。
愛知での展示の構造についても、舞台芸術関係の方に相談したりしているということもあって、
「舞台芸術作品と自分の作品の違い」をふと考えたりします。
考えたときに、当然第一に挙げられるのは、演者がいないことです。
WANDERING PARTYの演出家の吾郷さんに2007年に元立誠小学校で展示した作品を見に来ていただいたとき、
「演劇と相性の合う作品」とおっしゃってくださいました。
確かにそのときは音響や照明も使用していましたし、演者がいないだけで舞台美術的な仕事にも見えたかも知れません。
(今のところ全く考えていないですが)僕の作品の中で役者が演技をすれば、舞台美術として機能すると思います。
作品に用いる要素次第で分野が変わり、料金体系や、それぞれの作家の活動場所が違うということを、
純粋に不思議に思うことがあります(もちろん必然的な部分も多々あるのですが)。
このように様々な作品を見て、「なぜ自分の作品にこの要素はないのか」ということを考えることは、自分の作品の分析にもなります。


24日は展覧会を見るため東京にもいったのですが、そのときに東京国立近代美術館
建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」を見たときも、すごく近いことを感じました。
建築家のインスタレーションは、多くの現代アートの作家のインスタレーションに見られるものと、「コンセプト」という
言葉の概念自体が微妙にずれているような気がします。
そもそも、自分の作品をインスタレーションとは思っていませんが、その「ずれ」を追っていけば、自分の作品をさらに俯瞰して捉え直すことができるかもしれません。


8月から、京都市右京区西院のダイニング カムオンスタイルというお店で、僕が企画に関わった展覧会もはじまります。
森絵実子、堀端麻美という2人の作家の展示です。
小さなお店で、展示用のスペースがあるわけではないので、小作品が多いですが、
作品についてお酒を飲みながら話すには、とてもいい場所ですし、なにより作品がとても素晴らしいです。
このお店自体が、普段から足田メロウさんの作品などを飾っているのですが、企画で展覧会というのは初めてらしいので、
長い目で考えても「展示に集客効果があるか」「どうやれば採算が取れるか」などを考えなければいけません。
作家にもお店にもメリットがあり、しかも利益も上げられたら理想です。


展示や企画と並行して、今年の3、4月に行った展示についての文章をまとめています。
僕の作品は考えることが主軸にあり、作品の存在を曖昧にしないために、次への方向性は毎回はっきりさせたいと思っています。
文章の編集方法としては、PCでその展示に関して書きとめたことや、考えていることを文字に起こして印刷し、
出力した紙にボールペン、蛍光ペンで編集箇所を書き込んだ後に、それをデータに反映し、
また印刷出力して書き込む、という作業を何十回、多いときは百回以上行います。
下記は推敲中の原稿です。


nakamoto_text_01.jpg


nakamoto_text_02.jpg

はじめて投稿いたします。
WANDERING PARTYのあごうさとしです。
劇団で、作・演出をしています。


目下、8月26、28、29日に国立国際美術館でおこないます
「total eclipse」という作品の稽古に励んでおります。


劇団が美術館で公演をするのも昨今は珍しくないのかもしれませんが、
今回は、美術家の束芋さんの個展「断面の世代」の関連企画としてこの舞台が上演されます。
本作品が、この度の個展のコンセプトを立ち上げるのに重要な契機になったとのことで、
晴れ舞台を頂いたしだいです。
2008年に京都で初演があり、東京、横浜についで、この度が4度目です。
京都での初演はストレートプレイでしたが、東京公演より以降、演出が全く違うものになりました。京都で初演をご覧頂いたお客様にも、また別な作品としてお楽しみいただけるものと思います。


作品は豊田商事会長刺殺事件の事件現場にいた報道陣の証言をもとに、こしらえたモノです。
私の中に残るバブル経済の残骸を広い集めた一風かわった演劇であります。
作品は4度目ですが、俳優さんは、三人始めての方と作っています。
新たな刺激や肌触りに、拡大再生産中です。
上演の前後に、展覧会にはでない、この三日間だけの束芋さんの作品「輪郭線」も上映されます。この機会だけですので、展覧会同様、是非足をお運びくださませ。


詳細は、webサイトをご参照いただけましたら幸いです。


http://www.wanpa.net/


皆様のご来場心よりお待ちしております。

ここ数日は京都の夏の風物詩になっている?涼音堂茶舗主催の電子音楽の夕べ~electronic evening 2010の準備をしています。
&artサイトのスケジュールを是非、チェックしてみて下さい。
近日中に涼音堂茶舗サイトでも発表いたします。
今年も二日間開催いたします。
涼音堂茶舗のレーベルの象徴的アーティストであるfiroがニューアルバム「Tender grain」を引っさげての法然院登場です。
二日目は会場を茶山prinzに移して、開催します。
&artでも紹介されているotograph、原摩利彦さんの柳本奈都子さんとのユニットrimaconaに参加していただくことが決定しています。


今回も、先月紹介させていただいたplan+eの活動報告です。
7/19にライブする機会がありましたので紹介です。


今回のパフォーマンスの特徴は、iPadを8台使った視覚表現と音的にはドラムを使わずにギターを使ったところです。


今回のメンバーはcurtain of cardsこと大堀秀一さん(PC)、ekranから古舘健さん(gu.)と神田竜さん(iPad×8)、糸魚(PC)という構成です。




搬入とイベントを終えましてホッと一息ついている宮永です。


今回搬入はかなりマッチョな気分でした。仕事後、晩に画廊へ行き、日付が変わる事まで作業して、しかも暑いのなんのって、、毎日パンツまでぐっしょり。お肌はベタベタです。


makingsettingkodamak.jpg
画像提供:児玉画廊


いや、それは普通にGURAにいても変わらないのですが。。。この酷暑に1台のクーラーも無く夏を乗り切ら無ければ行けないと言う事で、精神的にマッチョになってきてる気がする。結構、皆様の想像を絶するサバイバルが我がアトリエでは展開中。道産子のしまった肌はもうゆるゆるになってしまいましたとさ!


それはさておき。


今回は、自分としてはおろそかにしてきた、『展示』そのものへの意識を強く持ってやったつもりです。映像展示は簡単で良いねと言われる事はしばしばで、それに反発する事もしばしばではあるのですが、実際事前に映像作品さえ出来ていれば破綻するリスクは少ないのも確かです。


しかしスクリーン7つを自作し設置、その後のプロジェクション調整作業云々も考えると、搬入中は本当に毎日『これ、出来んのか??』と自問自答しておりました。


でも後輩や友人、画廊の方等、いろいろな人の協力のおかげで、なんとか迫力のある展示になったと思います。この場をお借りして御礼申し上げます。有り難うございました。


一つ自分に引き出しが増えたと言う気持ちです。


makingkodamak.jpg
画像提供:児玉画廊


そして7/13、nightcrusing @ cahe independants!!
やはりぶっつけ本番!!前回のイベント以上にドキドキしました。
初めから終わりまでただただ夢中でpolar Mさんの音に必死ですがりついて映像を当てているような状態でしたが、終わってみるとちゃんと拍手も頂けました。自分の中では兎に角夢中だったので、まだ冷静に振り返れてないのですが、polar Mさんにもブログに書いて頂いてますが、気に入って頂けたようで何よりです。
これを機会に何か面白い動きも出来そうな予感。polar Mさん、来てくれて楽しんでくれた皆様、こちらもこの場を借りて、本当に有り難うございます。


何か今回はお礼ばかりになってしまいました、正直、暑すぎ!!頭があんまり働いていないようです。なんかもっと気の利いた事を書きたかった。暑い夏は好きなんですが、やはりそこは芸術家、天高く作家肥ゆる秋も待ち遠しい。アトリエ寒く作家部屋に籠る冬は、出来るだけ遅めでお願いしたいところ。


8月9月は、GURAでの活動が活発化しそうな予感。バテない様に頑張らねば。


あ、土いじりもえっちらおっちらネクストステージに入った模様です。自作のコンポスト。埋まっていたり転がっていた瓦の破片を、うちに飲みにきた友人と一緒に酔い覚ましがてら積み上げました。肥料が出来るのは一年ぐらいかかるでしょうか。ゆっくりやります。

ビバ、分解者。


konposuto.jpg

8月21日からニュートロン東京で始まる個展の準備をしています。
ちょうど1年ぶりのニュートロン東京で、昨年も暑いさなか汗をかきながら準備に追われ「夏場に個展はやるもんじゃないな。」と、思っていたのを思い出し、自分の学習能力の無さに失笑しつつコツコツ作業を進めております。
学校を卒業して夏休みが無くなってしまってから夏はあまり好きじゃなかったけど、30歳を過ぎたあたりからまた夏が好きになってきました。蝉の声や蚊取り線香の香り、沸き上る入道雲やなんかが楽しかった子供の頃の記憶を呼び覚ましてくれて、キュンとした気持にさせてくれるからかな。
とにかく今年もまた夏を迎えられたと。。


IMG_4432.JPG

いやぁ暑い...暑いですね。


ブログで書く事を色々考えてはいたんですが、この暑さですっかり頭は真っ白です。


今年の夏は夏らしく暑い夏であらんと頑張っているので、
夏が終わる頃にはお疲れサマーと言ってあげようと思ってます(夏だけに)。
これだけ夏って書くと、「あれ、夏ってこんな字だったっけ...?」ってなりますね。何かすいません。


一年を通して、季節はコントラストがはっきりしている方が好きです。
夏は暑くて冬は寒い方がいい。でも今年の梅雨明けから夏にかけてははっきりし過ぎてた気もしますが...。


そんな事はさておき、
今月の7月13日、京都Cafe Indepandantsにて定期的におこなわれている「Night Cruising」というイベントにて、
&ARTでも紹介されている映像作家の宮永亮さんとライブをご一緒させていただきました。


宮永さんの映像をみていると、
僕が音楽を通して目指している何かが確かにそこにあるように感じられて...、とても強く惹かれます。
ご一緒して、とても得難い感覚を得る事が出来ました。


この場を借りて、忙しい中共演して下さった宮永さん、ご一緒する機会を与えてくれたNight Cruisingの皆様、
そして毎度素晴らしい場所を提供して下さるCafe Indepandantsのstaffの皆様にお礼を申し上げたいと思います。
どうもありがとうございました。


宮永さんは8月14日まで、児玉画廊(京都)で個展をされていますね。
8月に入ったら行けそうなので、今からもの凄く楽しみです。


そんなこんなでこれから夏本番ですね。
この感じでいくと秋になったとたん急に肌寒くなったりして
「オ~タムッ(お~寒っ)」なぁ~んて事になるかもしれません。秋だけに。


それではこの辺で失礼致します。(今年は残暑が厳しいそうです)

今月の引用句:「はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり ぢつと手を見る」(石川啄木)


・・・と冒頭から一握の砂の引用です。
夏なのに、しみったれててスイマセン。
木内です。


政界ではこのところ、「政治と金の問題」なんて言葉をちょこちょこ耳にしますが、僕はマサハルとキンには特に一過言あるわけではありません。


ただ、「ゼージとカネ」となると、話は別。
特に「カネ」に関しては、常日頃から、もっと何とかならんもんやろか〜と苦しんでる次第です。


そして、最近では「アートと金」を結びつけた著書なんかも目立ってきていて、
「お金じゃないのよ、芸術は!」という安いロマンや陶酔をぶっ潰す!
的な現実的で経済的な物言いを、あたかも封印されてた何かを解くかのごとく説く人たちが溢れてきてる、と感じたりしてますが、皆様はいかがお考えでしょうか?


そんな中、私も美術界とお金の関係を、自身が見聞きした経験と独自の理論で解いて、今後のアーティストを貧困から救うべくの指南書をば書き上げ、発売し、夢の印税生活でウハウハウハーッ!


・・・なんて思った所で、よく考えたら「売れない・食えない・黒字ない!」の3拍子そろった場末の自称芸術家。
作品で飯、美術で飯、美術飯などはおろか、作品自体が売れた経験もかなり少なく、それ以外の収入(著作物の売り上げ、講演会のギャラ、入場料、スポンサーやパトロンからのお小遣い、社長からの車代、栄養費、架空の資金計上、財団からの助成金、公的資金導入・・・などなど)もほとんど得たことがありません。


んで、冒頭に戻って、ぢっと手を見る・・・。


ジェッソと指サック焼けと郵便配達タコ、絆創膏・・・コレがまあ37歳の夏の現実です。
なああ!こんなハズじゃなかったんです〜、私の設計では。
ああ、ハズい。


ただ、そんな中でもなんとかやりくりし、制作に必要なものを今年は多数購入してます。


silks.JPG


まずは、試しに使った、シルクスクリーン印刷機。
「Tシャツくん」という、自宅で簡単にシルクスクリーン版画ができる代物です。
本格版画職人さんが見たら、
「坊や、こんなオモチャがシルクだって?ふんっ!」
と、鼻で笑われそうな代物です。


また、こちらは超コンパクトなエアブラシキット。


airb.JPG


トラック野郎みたいな風体の、大型吹き付けをやってるごっつい立体作家さんたちが見たら、
「こんなものからエアーが出るのかい?坊や!家帰っておかあちゃんのおっぱいでも吸ってな!」
と、からかわれそうな代物です。


まあ、そうとはいえ、制作に必要なものですから・・・と、思い切って購入したものの、結局上記2つの道具は思ってた効果が得られず、「画材道具仕分け」の対象となってしまいました。
ああ、無駄遣い。


というか、こんな効率の悪い制作してたら、そりゃ黒字はでませんわな。
レンホーさんが見たら、
「あなた自体こそ無駄そのもの!仕分けの対象ですっ!」
なんて、言いそう・・・。


そんなこと書いてたら、今度は現在出品してる完全業者発注作品の請求が、来るー!
「給料の1ヶ月分」でーす。(泣)


まあ、先日完成したばかりの、自身が発起人となって開催した「放課後の展覧会」の図録は、「給料の3ヶ月分」かかってますからな。
そんだけかかっても、作りたかったんだからしょうがない!
結婚指輪の購入をあきらめてでも!・・・と思ったのですが、幸い、結婚相手も婚約予定も無かったのでした〜!


そう、そんな相手は始めから・・・存在しなかったんです・・。(夏だから怪談風に)


結婚しなくても幸い。モテなくて幸い。
そんなこともあるんですな。


だから、金なくて幸い・・・って言っちゃうぞバカヤロー!


・・・って嘘です。
少しでもいいから僕にお金を下さい。お金をぉ〜〜!!


tenome1.jpg


ぢっと手を見てたら、こちらをぢっと見返す、物乞いの眼差しが・・・!
「金くれ〜、金くれ〜っ」って声も聴こえてきたんです!
ギャアアアアーーーッ!


これ、手相占い的にはどないなん?


このページの一番上へ