アーティストブログリレー

ARTIST BLOG RELAY

5月はずっとアトリエの引っ越しの準備をしていたのですが、
23日に無事完了し、次回の作品の要素が一つ明確に見えてきたので
本格的に次作の制作にかかります。
ちょうど先日前回の展示のカタログのゲラが上がってきて、
色々と思うことはあるのですが、制作して発表しながら考えるしかないという感じです。


ここ数日で東京、名古屋、京都のたくさんの展覧会・イベントに行ったので、
その中からいくつかの感想を書きます。
(東京でのスケジュールが、水野君が以前ブログにアップしていたコースと
ほとんどかぶっていないところがおもしろいなと思います。)


2010年5月27日
オトエホン-17/UrBANGUILD(京都)


足田メロウさん企画のイベント「ふたつのうた」「Planetica」には行ったことがあったのですが「オトエホン」は初。
当日はまず宮嶋哉行さん、黒子沙菜恵さんと、メロウさんのコラボレーション。
メロウさんのパフォーマンススタイルは&ART EVENTの時のような、
絵を描いている手元をビデオカメラで撮影し、プロジェクターでリアルタイムに映し出すというもの。


次のパフォーマンスではメロウさんは木村英一さん、イガキアキコさんと、ステージの壁面に画用紙を貼り付けて
そこに直接大きなモノクロの絵を描いていくライブペインティングで競演。


最後のorologio(太田泉+仙石彬人+六弦琴)のパフォーマンスでは、直接参加はしなかったものの、
2つ目のパフォーマンスで描いた絵の上にそのまま映像を照射していたため
壁画という形で参加(モノクロの絵なので映像が際立っていました)。
全体を通してメロウさんの「形を変えながら全体のバランスを見て関わり方を選んでいくセンス」が光っていました。


2010年5月28日(会期4月23日~5月29日)
小沢さかえ 「亜熱帯劇場 / The Subtropic Theatre」 /MORI YU GALLERY TOKYO (東京、神楽坂)


&ARTにも掲載している小沢さかえさんの東京での個展。
京都のMori Yu Gallery には何度か伺ったことがあり、昨年の小沢さんの個展も見ましたが、東京は初。
特にトラの色彩などはDMを見て思い描いていたイメージをいい意味で裏切られ、
やはり作品は直に見ないといけないということを再確認。
前とはまた違ったアイデアがたくさん用いられており、底なしの創造力を感じました。


2010年5月28日
神村恵、捩子ぴじん、井手実、手塚夏子、梅田哲也「空き地 vol.1」 /小金井アートセンター(仮)(東京、武蔵小金井)


塾や接骨院や居酒屋などが入っているビルの2階にできた小金井アートセンター(仮)のプレオープンイベント。
以前東京にあった普通のアパートの一室に入っていた、ノイズレコードショップの「電子雑音」に入ったときと似た感覚。
ギャラリーに入るよりもしっくりきます。


観客は40~50人くらい。全パフォーマンスよかったけれど特に捩子ぴじんさんと井手実さんのパフォーマンスは
今までに見たことのないようなスタイルで強烈なインパクトがありました。
梅田哲也さんは6月に京都のLABORATORYで展覧会をするので要チェックです。


2010年5月29日
映像学会 第36回 全国大会 シンポジウム/本大学芸術学部 江古田キャンパス(東京、江古田)


&ARTにも掲載されている映像作家の林勇気さんも参加するシンポジウムへ。
パネラーには林さんの他に映像研究家の西嶋憲生氏がいたり、
客席に映画監督の松本俊夫氏がいたりと、林さんが最も若手。


映像の技術的な側面の話も多く、こういったアカデミックな場で林さんの作品と映像制作に対する感覚が
どのように捉えられるのかということに注目していましたが、予想以上に素直に受け入れられていたように思います。

僕自身は日頃、林さんの作品に同時代性を感じてきましたが、他の年代の映像に関わっている方にも
「今の時代を象徴する映像へのアプローチ」という受け入れられ方をしていたのではないでしょうか。
林さんの感覚が歴史的な文脈とつながっていることを確認できたことが僕にとっても収穫でした。


2010年5月29日(会期4月16日~5月29日)
八木良太個展 「事象そのものへ」/SNAC (東京、清澄白河)


シンポジウムの後林さんと一緒に無人島プロダクション移転後初のこけらおとし展である「八木良太展」へ。
TVなどのリモコンを使用した作品など、シニカルながらどこか温かみを感じさせるメディアアート。
無人島プロダクションのスタッフの方の説明も丁寧でまた東京に来るときはぜひ来たいと思いました。
京都への帰路は林さんと新幹線で、駅弁と500mlのプレミアムモルツを買って、小飲み会をしながら、
真面目な話をしつつ帰りました。


2010年5月30日
勝盛英梨香・貴志真生也・森 伊織3人展「鼻向け」/AAS(京都)


AAS活動休止前の最後の展示。AASで行われていた展示は少なくとも
今までに僕が拝見したものはすべてすばらしい展示でした。なので本当に惜しい。
今後もAntenna(さんの活動に注目していきたいと思っています。
ご本人はどう感じているかはわかりませんが、GURAの貴志真生也さんの
窓に設置してあった僕が見た貴志さんの展示の中では今までで一番良かったです。

月日がたつのは本当に速いです。


4月にいろいろ、なんとか展示を乗り切り、5月は充電の時だ!!と思って無理にでも休みを作り、読書三昧して知識をあさり、twitterを始めたり、土をいじってみたり、、、
ていうのを出来る事ならもう一ヶ月ぐらいしたいのだが、あっという間に6月になりそうな気配。


7月には展示の予定。これは東京で展示した作品の京都でのフルバージョン、といった意味付けで、新作ではないのでまだ気は楽なのですが、環境的にも、それぐらいがいろいろ転機になりそうで、あまりのんびりともしていられないのです。本当は晴耕雨読をがっつりたしなんでみたいのですが、まだまだ先になるのかな。


それでもまあ、以前よりは心に余裕をもって生きれる様になってきている気はします。三歩進んで二歩半下がるくらいの気持ちで精進。


さてとりあえず、5月の間に詰め込んだ本。GWに息抜きで明日香村や、奈良市街に行ったのですが、京都に戻る前に古本屋で仕入れたものです。この順番で読みました。


『額田女王』井上靖 
『森のめぐみ 熊野の四季を生きる』宇江敏勝 
『エスキモー 極北の文化誌』宮岡伯人 
『ドイツ人のこころ』高橋義人 
『構造主義』北沢方邦 


うーん、よくよく考えてみると、僕の5月は結構この本達に影響されて形作られたような気もします。


奈良方面に行った直後に『額田女王』を読んでいるあたり、安直な僕の思考をかいま見て頂けると思います。そこから割と近場の、しかし異質な熊野に興味が映り、文化人類学的な興味がそそられエスキモーへとずいぶん飛躍したので、ちょいとヨーロッパとしゃれ込んで、しゃれ込みついでに構造主義ぐらいは理解を深めとかないと、、、


てな感じでいい具合にジョギングして、さあ次はなにを読もうかと言うとき、たまたま伏見の喫茶店で出会った本が


『半島を出よ』村上龍


でした。


そして結局今読んでいるのは、僕が自分の精神安定剤の様に繰り返し読んでいる、


『風の王国』五木寛之


です。


本を選ぶ時は何気なく選んでいるし出会いも重要だし、その順番なんかはほとんど意識してはいないのですが、結局似たようなパターンを繰り返しているのだろうなと、後々見返すと思います。あっちゃこっちゃに手を出してはいつもの自分、一番求めている所に立ち返って、また飽きて動き出す。


読書でも何でもそうやっているうちに少しづつ自分の足場が、戻って行く場所が固まって行くのでしょうね。


そして歴史は好きなくせに、美術史関係もらしいものも買っていないし、映像関係の本も、購入していない事に改めて気づきました。


いろいろな意見があるでしょうが、美術の中にいるうちからその歴史に責任をもって動こう、と言う考え方には魅力を感じていない自分がいます。作家が美術史のお守りをしてもなにも面白い事は無いと思っています。僕が歴史を好きなのは、そのダイナミズムが好きだからな訳ですから。


映像を飽くまでも表現の手段として捉えている自分には、取材すべき対象は映像メディアそれ自身でも無い、と少なくとも現時点では考えているからでしょう。飽くまでもそれは何かをする為の場であり、ここで降りるとと決めたプラットホームの様なものです。


うん、何となくわかってきました。

前回のブログから早一ヶ月。
という事は&ARTのイベントから一ヶ月。
月並みですが、最近ホントに月日が経つのが早く感じます。


難しい事はよくわかりませんが、
何分何秒という時間の概念を発明して、おそらく人間は凄いスピードで効率よく発展を遂げ、
僕もその恩恵みたいなものにあずかっているんだと思いますが、


それと同時に「止まれない」という感覚が常に意識のどこかに付着している様な気がします。
小さい頃、漠然と自分のおおよその人生を秒数におきかえて計算した事もあります。


音楽やアートに触れていると、
時間を止めたり、戻したり、引き伸ばしたり縮めたり、
おかしくしたり、または"そういったもの"の外側に身をおかせてくれたりしてくれます。


特に音楽なんかは独自のリズムを刻んでいるので(または全く刻んでないので)、
曲や作品自体にそれぞれの独立した時間軸の様なものがあり、聴くたびに日常の時間感覚から解放される様な気がします。
(でもその曲もトータル何分何秒と表記したりして、整理整頓させてもらってる訳ですが...)


うーん、まじめに書いてたらよくわかんなくなって来ました。
最近はこのままじゃイカんと色々悩み過ぎて、ゲッソりしてます。
あんまり無茶はスルメぇと思う今日この頃です。(※注1)


ついでに告知を...。
6/20に関西日仏学館にてライブをやらせていただきます。
詳しくはスケジュールのページに記載させてもらっていますので良かったら!


それではこの辺で失礼致します。


(※注1):イカとゲソとスルメがかかっています。

すっかり五月も後半ですか・・・。
藤川球児の背番号をみて「はっ、22日は・・・」と焦る日々。
1ヶ月のご無沙汰でした、木内です。
アンドアーター(ってそんな人おるんか?)はみんな元気だったかなーっ?


さて、5月は木、林、森、山、なんかの緑がもっとも美しいですね。
山はもう、あおあおあおあお!(保山宗明王さん風に)


まさに絶好の山系アウトドアシーズンの到来です!
もちろん、リュックにヤッケで山へゴー!


・・・と行きたいのですが、残念ながらその予定は全く無しです。
じゃ、ナニをしてるか?と言いますと、休日は専ら「山籠り」ならぬ「アトリエ籠り」。
そうです、私が作品の制作です。


来月に、ちょっと大きめのグループ展(当社比)が控えてまして、これには基本「オール新作」で望む所存であります。
また、スペースは小さいとはいえ1部屋与えていただいてますので、「ちょっと小さい画廊での新作個展」くらいの感じです。


そんなもんで、アトリエに籠って制作してますと、俗世間も忘れ、自己の表現について考えるあまり、つい深い哲学的思考に向かってしまいます。


「ハサミでマスキングテープとか切ってたら、刃先がねちゃねちゃになって切れにくくなるね〜」
「そういえば、ハサミでサンドペーパー切ったら切れ味良くなるなんて言うけど、あれ本当?」


・・・等々。
普段は忘れがちな、根源的な問に対して考えるあまり、
「我々はどこから来たのか?我々とは何者か?我々は何処へ行くのか?」
という、いにしえよりの問いに対しての核心に触れるかの様です、ワレワレワレ・・・ワレメちゃん・・・。
(馬鹿と鋏は何とやら・・・)


atorieyama.JPG


山といえば、我がアトリエの隅のこの山。
作品や材料や梱包材や日用雑貨やらが、山となって積み上げられてます。
ああ、この山から何とかしたい。
「A型が几帳面」だなんて、だれが言った!?


で、そろそろ搬入一ヶ月前で、さぞかし作品も次々出来てきてるんでしょうな〜、と思われることでしょうが・・・。


とりあえず、現時点で完成作品、1点もありませ〜〜ん!


じゃ、あんたここ数ヶ月、一体籠ってナニしてたのん?
と思われることでしょう。


いや、もちろん制作、してましたよ。


僕は、まあ、どういう作家か?と問われれば、簡単にいうと「ハイパーメディアクリエイター」(?)
要するに、「画家」とか「陶芸家」とか「美食家」とか「ビジュアリスト」とか「鬼畜系ライター」とか、ハッキリ言える肩書きが無く曖昧なもんで、何となく「美術作家」という言葉で誤摩化してたりします。


そんな節操のない自称クリエイターは、見た目には「いろいろやって、楽しそうやね〜」と思われますが、その反面、1回1回コロコロやること変えたりするので、特に技法、技術、素材研究、および余った素材の次回への繰り越し・・・なんかが弱い、という弱点があります。


なので、積み重ねによる進歩とか、余った素材を効率よく使い切るコストパフォーマンス性が低い、ということなのです。


そして、今回発表予定のメイン作品は、10年前に作った作品の新パターンなのですが、やはり当時より「効率よく、美しく、よりいい作品を!」と思うあまり、またしても一から実験、研究、等々繰り返し、現在に至る・・・という感じです。
(逆に効率、悪なっとるがな!)


なんて書くと、なんか凄いことやってるみたいですが、具体的にやってるのは「ジェッソ(下地塗料)塗り」です。


もう、ひたすらジェッソ塗り。
♪ジェッソ塗って ジェッソ塗って ジェッソ塗る〜〜!
まさに「スーパーソニックジェッソボーイ」です。


ワケあって初めて取り組んだ「寒冷紗によるパネル制作」のために、こんな感じです。
油彩の古典技法なんかで使う寒冷紗によるパネル作りですが、一応僕は油彩の専攻出身。
学生時代を思い出し、「ああテンペラとかこうやって描いてたっけな〜」なんて、あの油の匂いのたちこめる大学時代のアトリエを思い出し・・・・


・・・・って、嘘でーす!
テンペラとか古典技法とか、もっと言うと「ヌードデッサン」ですら、やったことありませ〜〜ん!
こっちの方も「モグリ」なので〜す。


いや、もちろん「洋画出身」てのは嘘じゃないですよ。
3流でも一応造形大卒よ。


ですが、どういうわけか?我が母校には上記の様な古典技法を教えるカリキュラムが一切なく(僕が行ってた当時ね)「イカニモ洋画」なものから遠く離れた、「髪の毛で作品作る」やら、「段ボールをちぎって貼付けてペンキ塗る」みたいなことやってる人ばっかりでした。


そんなもんだから結局「ハイパーメディアクリエイター」にならざるをえない(?)となってしまったのかも知れませんが、とにかく、この歳になってはじめて、「下地作り」を始め、いろんな友人にアドバイスもらいながら、改めてこの重要性を感じてる次第なのです。


おかげで、あらゆるやり方を試してる内に、作品が1つも完成せぬまま、1月前を迎えてるわけです。


しかしながら、これはまあ、大事な「種蒔き」みたいなものなんです。
今は右往左往しながらも、色んな可能性を試してるんですが、この「方々に撒いた種」が、展覧会直前に作品として結実する!・・・はずです。


いや、これは作品だけじゃない。
展覧会も同じや!(ちょちょちょ〜〜ん!←三味線の音)


昨年僕が言い出しっぺでやった「放課後の展覧会」なんかも、まあ自身が節操なくチョロチョロと10年以上、ウロツキ回った結果が、あのような素晴らしい(自分で言うな!)結果に結実した、と、自分で自分を肯定しちゃってもいいのかな〜〜、とか思っています。


そういう意味では、なかなか結果でなくて焦ってばっかですが、いずれはこの「種蒔き」がまた素晴らしい結実を見せることを祈って、種蒔き作業にいそしむ、そんな日々であります。


・・・ってまあ、いい種だけじゃなく「火種」撒いちゃうときもあるけどね♡


tanemakio.jpg


「火種を撒く人の為の習作」紙に水性インクペン 2010


もちろん「無駄に終わった・・・」という試みも多数ですが、若いうちは失敗してなんぼ!
・・・って、お前もう37歳やんけ!


まあ、僕の場合は、「どこで咲くかわからない珍種の花」が咲き、実がなることに最後の願いをかけて、「闇雲農法」な活動を続けていこうかと思ってます〜。
しかし、実際は実(金)が成ってもなかなか収穫できないんですけどね〜。


今月の引用句:「何のその 花が咲かうと 咲くまいと」(小林一茶)


(今回ブログ中の替え歌の元歌:ザ・ハイロウズ「スーパーソニックジェットボーイ」)

先日開催された&artのイベントに参加させていただきました
。ご覧いただいたみなさまと友人、関係者の皆様に心よりの
感謝を。ほんとうにありがとうございました。今もあの時の感覚
が身体の芯に残っているような気がします。


&artにも掲載されているpolar Mの村中さんとライブをさせて
いただきました。村中さんとは打ち合わせと称してビールを飲
みながら色々お話できてよかったです。ライブでは自分自身と
してはいろいろ新たな試みができてよかったです。ドローイン
グの切り抜きを用意していたのですが、プロジェクターの映り
もあり途中で断念したことは心残りでした。次にライブをする
時にはもっともっとアップデートしてのぞみたいと思います。


久しぶりのうれしい再会もありました。
8年ほど前に梅田のカーマで友人達と開催していたイベントでdots
の桑折さんとお会いしお話をさせて頂きました。PsysExの糸魚
さんともメトロで7、8年前にご一緒にライブをさせて頂きまし
た(大堀さんはお元気なんでしょうか)。またご一緒にライブ
か何かしたいですね!人の縁と時間の流れはいつも不思議です。


次の日の仕事終了後に東京で用事と搬入があったのと、終電も
あり、トークの途中で帰らなければならず残念でした。またみ
なさまとゆっくりお話できるのを楽しみにしております。


いつか映像のライブでロックフェスやジャズフェスみたいなと
ころでライブをすることを夢みています。野外とかもいいなあ。

&ART-EVENTが終わってから、約1ヶ月。(ほんとうにたくさんのお客さんが来ていてすごかったですね。)
この1ヶ月は9月に予定している次回の新作のことを考えてました。
現在、チラシの第一弾を制作中なのですが、とにかくタイトルがきまらない!
去年の『KISS』という大きな公演の次の「本公演」(本公演とは、そのカンパニーや劇団のメインの公演といっていいのか、グループ展と個展でいうと個展みたいなものでしょうか。わかりませんが。)ということもあり、やはり気負ったりもしているわけです。


悶々としながら、構想を深めていくのですが、気がつけば、作品のことを考えているようで、自分の人生を見つめていたりしてる時間の方が多かったりします。
他のメンバーからすれば、そんなことを考えているなら、早く作品を考えろと言いたいところだと思います。そうは言っても、作品を作ることと生きることはなかなか切り離せないわけですから。
そこを切り離せて頭で考えてポッと作品が作れたらそりゃ楽だとは思いますが、まぁ、そんなものは見たくないですし。


作品を作っていると、自分のことが鏡のように見えてくることがあります。それで自身のことをこれで良いのか? と考え込んでしまったりすることもあるのですが、その過程を経ることで作品が太くなってくるし、自分のことや他人のことや世界のことが少し理解できるようになったりもします。


舞台芸術の場合、必ず他者が介在するので、クリエーションの場では常に自分が問われているような感覚です。なので、作品に成長させられるということは毎回感じています。しかし、そうして生まれてきた作品が本番で観客にどのように届くのかが、一番緊張する時間であり、問われている瞬間なのです。
観に来てくれたお客さんの生の側面に一点でも確かな接触点を持ち得るようなそんな新作が作れるように、と希望を持ってこれからのクリエーションに向かいたいと思います。


それと、6月1日には実験的な公演を京都でやりますので、よければ観に来て下さい。80人限定の一回だけのショーケースなのでぜひ予約をしてきてくださいね。詳しくはスケジュールまで。

極光(オーロラ)という歌があります。
もちろん、さだまさしさんの曲です。


最近のテーマソングです。バイクや自転車に乗っているときも口ずさみますし、
お風呂に入っているときやトイレでしているときも口ずさみます。ごはんを食べているときは? 
もちろん口ずさみません。
行儀が悪いのでぜったいダメです。


例えばご飯を口に含んでいる時に口ずさむと米つぶは飛んでしまいますし、
みそ汁を飲んでいる時に口ずさむと汁はテーブルに散ってしまいます。
その飛び散った米つぶや汁はいったい誰が掃除するのでしょうか?
そうです、自分です。


しかし例外があります。


犬のフンです。
歩道や公園にたまに落ちている犬のフンがあります。
しかしながら、全然犬は悪くありません。もちろん悪いのは飼い主である人間です。
公衆便所はありますが、犬のはありません。ましてや猫のもありません。
あるのは人間ののみです。だから人間がフンを拾わなければなりません。


話がそれましたが、歌詞のなかに「人間が狭いわっかのなかで傷つけ合うのを静かに見てる」というフレーズがあります。
何故だか分からないのですがこの部分がお気に入りです。


いつかこのセリフをいってみたいものです。
いったいどのようなシチュエーションでこれを言えるのでしょうか。


今年の2月頃、東京タワーのてっぺんに登って街を見おろした瞬間がもしかするとコレを言うチャンスだったのかもしれません。


次に言うチャンスが来るとすれば、いまはまだ建設中ですが東京スカイツリーに登った時にコレを言おうと思います。
ちなみにスカイツリーは東京タワーの約2倍の高さになるみたいです。

人間は少しずつではありますが宇宙に近づいています。


そんななか、今夜も歌ってくれます。


さだまさしさんで「オーロラ」。


http://www.youtube.com/watch?v=SzORi7JBAuM


さだオーロラ.jpg


このページの一番上へ