アーティスト紹介

上田順平

  • 作品集(画像)
  • インタビュー
  • スケジュール
  • プロフィール

陶磁器による日本の伝統や大衆文化をモチーフにした作品を制作。
異なるキャラクターの組合せや性別の同居、機能と装飾の関係など、様々な要素の混在により作品を構成する。
これにより現代美術と工芸、西洋と近代以降の日本など「間(はざま)」にある陶芸や自分自身、今の日本を表現する。
この表現は、日常的に馴染み深く、「うつわ」になり「おきもの」にもなる、まさに「はざま」にある「焼きもの」であるからこそ可能であり、あらゆるものや思想を受け容れ広がってゆく可能性をもっていると言える。
平成22年度五島記念文化財団の美術新人賞受賞を受け、同年8月からはメキシコへわたり一年間の予定で滞在制作を行う。

上田順平

略歴

1978 大阪府生まれ
2003 大阪芸術大学美術学部工芸学科陶芸コース卒業、京都市立芸術大学大学院修士課程工芸専攻陶磁器入学
2004 「Asia Pacific Ceramics Student Workshop」ハワイ大学/ハワイ
2005 京都市立芸術大学大学院修士課程工芸専攻陶磁器修了
2010.8 平成22年度五島記念文化財団 五島記念文化賞 美術新人賞を受けメキシコへ滞在制作

【主な個展】

2010
帰ってきたウラシマピーターパン・カンゲン/イムラアートギャラリー(京都)
2009
岡本太郎の『遊ぶ字』展/岡本太郎記念館(東京)
2008
パチモン/イムラアートギャラリー(京都)
2006
チャンポン/ギャラリー16(京都)
2004
コウキュウスキン/ギャラリー16(京都)

【主なグループ展】

2010
きょう・せい/京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)1、2(京都)
2009
現代工芸への視点 装飾の力/東京国立近代美術館工芸館(東京)
2008
第11回岡本太郎現代芸術賞展/川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
所蔵作品展/こども工芸館 [装飾/デコ]」東京国立近代美術館工芸館(東京)
2006
京都府美術工芸新鋭選抜展2006 - 新しい波 -/京都府京都文化博物館(京都)
土から陶への現況展/gallery voice(岐阜)
取っ手に注目/岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)
2005
京都府美術工芸新鋭選抜展2005 - 新しい波 -/京都府京都文化博物館(京都)
日韓現代陶芸 - 新世代の交感展/愛知県陶磁資料館(愛知)
MUSEUM LABORATORY/海岸通ギャラリーCASO(大阪)
2004
Ceramic for Use, a New Perspective/Commons Gallery(ハワイ)
2003
ART UNIV. 2003/コンソーシアム京都 (京都)

【受賞歴】

2010
平成22年度五島記念文化財団 五島記念文化賞 美術新人賞
2008
第11回岡本太郎現代芸術賞 岡本敏子賞
2006
京都府美術工芸新鋭選抜展~2006 新しい波~ 工芸部門 最優秀賞

【コミッションワーク】

2010
Scotch Brand Exhibition, Scotch Brand with the SOHO the GRAND OPEN PARTY(東京)

このページの一番上へ